雑記

半年間読書を続けている僕が思う【時間があるなら読書するべき9の理由】

投稿日:2019年4月27日 更新日:

 

こんにちはえーちゃんです。

突然ですが僕は本を読むことが好きで月に1万円~2万円ぐらいは本に使っています。

1~2万円というと少なく感じるかもしれませんが、冊数で言うと8~13冊ぐらいになります。

2日か3日で一冊読み切るペースなのでおそらく普通の人よりは本を読んでいると思います。

読むジャンルは固定しておらず小説から自己啓発本まで幅広く読書しています。

現時点で半年ぐらいそのような読書ライフを続けて送っています!

自分でもこんなに長く続くなんてビックリしています。(笑)

 

そこで今回は、「読書を始めたいな」と思っている方や「読書って何がいいの」と思っている方に向けて、半年間読書を続けている僕が読書の魅力や読書から得られることを紹介していきたいと思います。

 

本を読むことで得られることはたくさんある

 

そもそも本を読むという動作については億劫になったり、なかなか気が進まない方もたくさんいると思います。

自分自身の話が続いてしまいますが、僕もかつてはお金を払ってまでただの紙を買う意味が分からないと思っていました。

 

てんし君

本買うぐらいなら遊びに使うでしょ!!派でした。

 

なんなら「読書が趣味です。」なんて言う方には

「この人かっこつけてるのかな~」なんて思ってしまっていました。(高尚な趣味なのにごめんなさい。)

 

しかし結論から言うと本を読むことで得られることはたくさんあります。

このことには読書を始めてから気づきました。

 

ちなみに僕が読書を始めたきっかけは「お金持ちは読書をしている人が多い」という記事をどこかで見たことでした。

本を読んだらお金持ちになれるのかな~なんて思って読書を始めました。

生まれたときから純粋に文学を愛している方からすると、「何て不純な動機なんだ!」と一喝されそうですが、読書のすばらしさを知るきっかけを作ってくれたその不純な動機に僕は感謝しています。(笑)

 

今回は読書を継続的に続けている僕が本を読んでいてよかったなと思ったことも交えながら「本を読むべき9の理由」を解説していきたいと思います。

 

時間があるなら読書するべき9の理由

 

この章では時間があるなら本を読むべき9の理由を紹介していきます。

時間の使い方は人によっていろいろあると思いますが、必要以上にスマホをいじったりして過ごしている人は多いのではないでしょうか。

そのような時間を少し読書にあてるだけでもその時間が有意義なものにはなると思いますし、僕も是非お勧めします。

 

花と本と眼鏡

1.知識が増える

 

本を読むと知識が増えます。小説にも自己啓発本にも自分が知らないことはいっぱい載っています。例えば僕は最近、東野圭吾さんの「真夏の方程式」を読みました。有名な本です。この中には科学を使ったトリックの話が出てくるのですが、科学の知識が乏しい僕からすると勉強になることがたくさんありました。

てんし君

濡れた紙が煙を防げるとか、、(1番大事なネタバレ)

単にミステリー小説としても楽しめるし新しい知識も増えました。本には自分の知らないことが沢山あります。

あと最近読んだお金に関する本ではマクドナルドを世界展開に導いたレイ・ロックという人は、ミキサーの営業マンだったということを知りました。

てんし君

面白い!!

知らないことがいっぱい知れるってとても素敵なことだと思いますし賢くなった気もするのでいいですよ!←

 

2.価値観が増える

 

本を読むことで価値観が増えます!

「おれは他人の考え方には興味ないぜ。我が道を進むのみ」

なんて考えの方はスルーしてください(笑)

僕は生きていく中で他人との関わり合いはどうしても必要だと思っています。関わる人の中には「この人は苦手だな」と思う人もいれば「この人は好きだな」と思うこともあるでしょう。

しかし単に好き、嫌いで判断するのではなく、「この人はこういう価値観があるんだな」と理解できるようになればすごい人付き合いがうまくいくようになるんですよね。

ぶっちゃけ僕も読書を始める前は自分の意見と合わない人は単に苦手だなとしか思えていませんでした。

 

てんし君

言葉には出しませんが、心の中で

「何この人。全然理解できない。苦手。」

という感じでした(笑)

 

しかし本を読み始めてから自分と違う意見を持つ人にも興味を持てるようになったんですよね。

「この人はなんでこんな考えを持っているんだろう」って。

本には書き手の価値観や人生が反映されます。

作者の生まれや育ち方の背景を調べた上で読書してみると、こういう人もいるんだなとか自分にはない感情をもっているな~と思うようになりました。

人それぞれ育ちや学んできた環境が違うのだから、そりゃ価値観も違うよなと思えるようになったのです。

実際の現実の生活でも心が狭い方いますよね。僕はそんな方には読書を通じてぜひ色んな価値観があることを理解してほしいです。

てんし君

本を読み始めてただムカつくだけじゃなくてこの人にはこういう価値観があるんだなと思えるようになった!

心が広くなったような気がします。

 

3.効率よく先人から学べる

 

これは主に自伝や、自己啓発本において言えることなのですが、本を読むことで効率よく先人から学べます。

本を書いている人は何十年と生きてきた中で得た考え方やテクニックを紹介してくれています。

僕たちは本を読むだけで、その考え方やテクニックを数時間で学ぶことが出来るのです。

本は人生のエッセンスなんて言葉を聞くかもしれませんが本当にその言葉通りだと思っています。特に本には作者の伝えたいことがうまくまとまっているので学びには最適です。

僕はいつも人生の先輩の言葉を聞けるなんてありがたいな。と思いながら本を読んでいます。

当然先人たちは失敗も繰り返してきています。そのことも本に書いてあるし、どうしたら人生が幸せになるか、どうすれば目標を達成できるかも書いてくださっているわけです。

 

てんし君

感謝しかない。。

自分が苦労するリスクを数千円の本で回避できるなんてありがたいですよね。

 

4.費用対効果が高い

 

本にかかる費用はそんなに高くはないですよね。大体1500円ぐらいで1冊は買えます。ですが、本から得られる効果はとても大きいです。

しかし冒頭でも言いましたが、僕も本にお金を使うことはもったいないと思っていました。

それまでは、遊びや食事などに使っていました。

誘われるままについて行ったりして浪費してました。あと服や小物にも使っていましたね~。

決してそのような使い方が悪いとは言っていませんし、自分のお金なんですから自由に使うべきだと思っています(笑)

ただ、乗り気じゃないお出かけに使ったり、見栄を張ってブランドものに使うぐらいならをたまには断ったり、我慢して本を買うことはおすすめします。

僕は今では本など学びが得られるもの以外の出費はあまりしないようにしています。

本から得た知識は自分の中に一生残ります。一生役立つことを低価格で買えるなんて僕は素晴らしいと思っています。

食べたごはんは消化されますし、買ったものを一生使い続けることもなかなかないと思うんですよね。

 

てんし君

行きたくない1回3000円の食事会を断ったら、本2冊買える。。

たまには本に使ってみましょう!

 

5.言語能力が高くなる

 

本をたくさん読むようになってから、人に伝えることも、物事を理解することも得意になりました。

これは本を読むことで言語能力が高くなったからだと思います。ブログを書く時も割とすらすら書くことが出来ています。

コミュニケーションをとるときも相手の言おうとしている本質は何なのか、求めている答えは何なのかということを考えるようになりました。

その何がいいの?

と思う方もいるかもしれませんが言語能力が高くなると、めちゃめちゃ人生が楽になるんですよね(笑)

人との関わり合いもうまくいきますし、バイトの面接などでも相手のニーズにうまく応えることで採用される確率が上がったりもします。

沢山の本を読んでいると作者の伝えたいことを理解したりすることが無意識のうちに定着しているのでおすすめですよ。

 

てんし君

今は、作者の背景から伝え方まで楽しんでいます。

こんな伝え方があるのかーと勉強になることもたくさんあります。

 

6.リラックス効果になる

 

本を読むことでリラックスできることも大きな魅力だと思います。

本に夢中になっている時間って単純に楽しいんですよね(笑)

絵がそんなにあるわけじゃないので自分で想像したりすることもできますし。

普段の生活とは離れた世界を楽しめるのでおすすめです。

実際に読書には精神的にリラックスさせてくれる効果もあります。

寝る前の読書は快眠につながるともいわれています。Microsoftを作ったビル・ゲイツさんも寝る前には読書をしているそうです。

てんし君

僕も真似して寝る前は読書をしています。

落ち着いて寝れます。

寝る前に、スマホの画面をみてブルーライトを浴びると睡眠の質が下がるそうです。

1日の終わりに読書をする習慣をつけておくとスマホをいじることなく寝れるのもいいことですね。

 

7.目標が明確になる

 

本を読むことで自分自身の目標が明確になります。

目標としている人やこの人のようになりたいと思う人の本を読むことで自分自身の中にある迷いが消えることも多いです。

僕の話になりますが、最近ですとブログの書き方に悩んで、伝え方の本を購入しました。コンサルティングを生業としている方の本でめちゃめちゃ勉強になりましたし、悩みも解決しました。

 

てんし君

人生の先輩ありがとうございます!!

 

他にも苦労して夢を実現している人や、批判を受けながらも大成した人の話を見ると自分もやってやるぞという気持ちになれますよね。

読書することで目標に向かう勇気ももらえます。

ホリエモンこと堀江貴文さんの本が人気なのも堀江さん自身が苦労と非難を乗り越えて実績を残しているからですよね。

僕も何か迷っていることがあったり新しい考えが思いつかないときによく本に頼っています。

皆さんも自分の目標がいまいちはっきりしないな~とか迷いや悩みがあるときはぜひその分野の本を手に取ってみてください。

ビックリするほどスッキリしたり目標が定まったりすることがありますよ。

 

8.一生の財産になる

 

本で学んだことは頭に残るので一生の財産になります。個人的にも本の良さはここも大きいなと思っています。

本を読んで得た感情、知識は今後の生き方に影響を与えてくれます。それに知識は人生を助けてくれます。

知識があるだけで仕事として成立したり、うまく生きれたりしますよね。

本は投資した分絶対に自分のものになるので自己投資だと思ってどんどん読むべきだと思います。

損することがありませんからね。

知識が増えて損する状況ってありますかね?(笑)

いま真剣に考えてみたけど思いつきませんでした。

本から得たことは一生の財産になるというとに気づいてから僕も積極的に読書するようにしています。

一時の楽しみや趣味に時間を費やすことも精神的な満足を満たすためには必要かもしれませんが、人生を長い目で見たときの財産づくりとして読書することもいいですよ。

てんし君

知識の自己投資(読書)はどんどんするべき!

なぜなら損することがないから!

 

9.想像力が豊かになる

 

読書をすると想像力がつきます。情景の想像ももちろんですが、想像力がつくと他人の気持ちを想像しやすくなります。

それの何がいいの?

と思う方もいると思います。人の気持ちを想像できるようになると、人間関係がうまくいきます。そしてビジネス的な面でもうまくいく可能性が大きくなります。

想像力があったら人間関係がうまくいくことはわかると思います。これをしてあげたら喜んでくれるかなと思って行動することが出来れば必然的に人間関係は良くなると思います。

 

てんし君

読書を始めてから生きやすくなった!

 

ビジネス的な面でうまくいく可能性が高くなるというのは人は感情で動くからです。

他人の気持ちを想像できる人は感情を動かすことが出来る人です。

沢山の人や大きな仕事を動かしている人はそれだけ人の心を動かしています。

僕は歩合制のバイトをしていたのですが、今思えば「どうやったら買いたい気持ちになるか」を相手の立場に立って想像したときに一番売り上げが上がりました。

話は少し変わりますがTwitterのフォロワーが多い方のツイートはハッとなったりあるある~となったりするようなツイートばかりです。

これも読み手の感情を想像することによって意図的にツイートの内容を構成しているからです。

てんし君

想像力がつけば、人間関係もうまくいくし、たくさんの人(お金)を動かすことができる!

 

おわりに:本は人生を豊かにする

 

今回は読書を半年間続けてきている僕が、時間があるなら読書すべき理由を紹介しました。

大きくまとめると本は人生を豊かにしてくれます。これからもたくさんの知識を身に着け、たくさんの人の人生を本で学べることが出来たら幸せです。

自分の人生は1回しかありませんが、本を通して他の方の人生も堪能出来るので生きててよかったなと思いますよ。

いっぱい人生を味わえる感じがしてお得感もあります(笑)

ここに書いてある読書の良さを参考に読書を始める方がいたらいいなと思います。

人によって感じる良さが色々違うところも魅力だと思います。

てんし君

読書いいですよ~

これからももちろん読書を続けていくつもりです!

もしおススメの本がありましたら是非教えてください!

 

 

えーちゃんのTwitterはこちら@akaaaan555

-雑記
-

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2020 All Rights Reserved.