ニート

ニートは「生きる価値なし」なのか→そうは思わないが社会的な価値は皆無だと思う【尺度の問題】

投稿日:

泳ぐクラゲ

 

たまにニートは生きる価値なしとか言う方がいますが、個人的にはそれは間違いだと思いますね。

 

命の価値は第三者が基本的につけるものではないので。

 

ただしニートが社会的に価値がないというのは納得です。

 

実際、僕は2年前までニートでしたが、当時はまったく世の中に価値を生み出すことができていなかったと思います。

 

今はプログラミングを習得して価値を提供できるようになった結果、年収1000万円ほど稼げるようになりましたが、ニート時代はただの社会のお荷物でしたね。

 

今回は「ニートに生きる価値なし」という言葉は間違っているが、社会的には価値を提供できていない話について深堀りしてしきます。

 

ニートは生きる価値なしとは思わない【生命の価値は自分軸で良い】

生命の神秘

 

「ニート=生きる価値がない」というのは大きな間違いです。

 

正確には、第三者が「ニート=生きる価値なし」と判断するのは間違いですね。

 

生きる価値はあなたが決めてOKです。

 

他人に命の価値をつける権限は基本的にない

 

基本的に、自分以外の命の価値を決定する権利はありません。

 

あるとしたら裁判の時ぐらいです。

それ以外は基本なし。

 

普通に考えて、「ニートだから生きるな」って残酷すぎますよね。

そんな簡単に人に、「生きるな」って言える人間も相当やばいやつだと思いますが...。

 

あなたが生きる価値があるかどうかはあなたが決めればいいです。

 

あなたが生きたいのなら、生きればいいです。

 

ニートをやっていると、「ニートに価値なし」みたいな言葉を目にして萎えることも多く、「生きている意味あるのかな」とか思ってしまうこともありますが、他人の言葉を判断の軸にしないでください。

 

あくまで自分軸で生命の価値は判断してOKです。

 

ただし社会的には完全に無価値

 

あなたに生きる価値がないとは誰も言えません。

 

しかし、社会的な価値はないと言うことはできます。

 

厳しく聞こえるかもですが、ニートに社会的価値はありません。

 

だって、社会に何も貢献してませんよね。

 

社会に貢献している方って次のような部類の人間です。

 

・社会人

・ボランティア

・学生

・子育てのために働いていない方

 

直接社会に価値を提供している場合もあれば、間接的に価値を提供している場合もあります。

 

あなたが上記のような境遇に当てはまらないで、ただ毎日家でダラダラ過ごしているのならばまったく価値は提供できていないということになるかと思います。

 

基本的に社会的な価値を提供すると、報酬がもらえます。

お金ですね。

 

あなたが、まったくの無収入ならそれは基本的に価値がないことの証明です。

 

社会的な価値を生み出せるようになったほうが人生は充実しますよ

 

とはいえ、ニートの方の中には「社会的価値なくてもいいからダラダラしておきたい」と思う方もいるはず。

 

そういう方に伝えたいのは「社会的価値を提供できて、誰かに必要とされるようになったほうが人生は充実する」ということです。

 

ちなみに、過去の僕もニートをしていて「楽だし、結構アリかな」と思っていました。

しかし、価値を提供できるようになって、誰かに「ありがとう」と言われたときの嬉しさは半端なかったです。

「あ、オレニート辞めて良かった」と心から思えました。

 

多分なんですけど、それって「社会的欲求」「承認欲求」が満たされたからなのかなと。

 

社会的欲求、承認欲求というのは心理学者のマズローが唱えている欲求5段階説のうちの1つです。

 

社会的欲求 社会的欲求とは、家族や組織など、何らかの社会集団に所属して安心感を得たいという欲求を指します。

 

承認欲求 他者から尊敬されたい、認められたいと願う欲求を指します。

 

価値を提供できて、組織に貢献、かつ誰かに認められたことで、2つの欲求が満たされたのだと思います。

 

価値を提供できないと永遠に無収入→詰みます

 

あと、社会的な価値を提供できないとあなたは永遠にお金を稼げません。

 

今は楽かもですが、どんどんお金が減っていき、最後は詰みます。

老後の貯金もなく、信用もないので家を借りることもできない。

結婚もできなくて孤独に最後を迎えるのがオチです。

 

お金は社会的な価値を提供することで、もらえます。

 

今のあなたがもらえないのは「社会的に無価値」だからです。

 

まずは社会に価値を提供できるようになりましょう。

 

✔ ニート向け【価値を提供しつつ稼ぐ方法】

 

とはいえ、ニートの方の中には「どうやって自分なんかが社会に価値を提供すればいいのか」と悩む方も多いはずです。

 

結論から話すと「スキルをつける」「情報を発信する」の2つがニートが社会的な価値をつけるために取れる選択肢ですね。

 

具体的には次のようなことをすると良いかと思います。

 

・資格取得

・プログラミング

・ブログ

・Youtube

 

上記のようなことは取り組みやすいかなと。

 

僕の場合はプログラミングを選択しました。

 

理由は次のとおりですね。

 

・稼ぎやすい

・引きこもりつつ稼げる

・学歴や資格がいらない

・元ニートもわりといる

・将来性のあるスキル

 

結果的にかなり良い選択をしたなと思います。

 

プログラミングスキルを身に着けて、1年ほどでフリーランスエンジニアになり月に60万円ほど稼げるようになりました。

 

詳しい話は【誰でも目指せる】「フリーランスエンジニアは稼げる」はマジです【1年で月収60万円達成】で解説しているので、気になる方はぜひ読んでみてください。

 

寝転びながらパソコン
【誰でも目指せる】「フリーランスエンジニアは稼げる」はマジです【1年で月収60万円達成】

  てんし君   今回はフリーランスエンジニアが稼げる事実について、深堀りして解説していきます。   【この記事でわかること】 ✔ フリーランスエンジニアは稼げるのは事実であること &# ...

続きを見る

 

今では独立して、年収1000万円ほどまで上がりました。

 

これから何かスキルをつけるのであればプログラミングはかなりオススメですね。

 

ニートなら膨大にある時間を「自己投資」に使いましょう【自分に価値をつけよう】

投資 勉強

 

生きる価値があるかどうかは、あなた自身で決めればいいと言いました。

 

社会的な価値はないから、価値ある人間になればいいと言いました。

 

どの尺度で価値を測るかによりますが、ニートに価値がない面があるというのも事実です。

それは受け入れないといけない。

 

ただし、ニートのあなたには膨大な時間があるはずです。

 

忙しいニートとか聞いたことないので...。

 

膨大な時間は「自己投資」に使うといいですよ。

そうすれば、価値はつきますし、価値がつけば稼げるようにもなります。

 

僕も、もともと無価値な人間でしたが、ニート期間に学習をはじめ、今では同年代の平均年収の数倍お金を稼げるようになっています。

 

ダラダラ消費するだけはマズイです

 

ニートって時間がメチャクチャあります。

でも、その時間をダラダラ消費するだけはNGです。

 

今はいいかもですが、5年後、10年後のあなたの生活は多分絶望的になります。

スキルなし、ニート歴長いだと採用してくれる会社もありませんよ。

 

僕自身もニートになりたての頃はNetflixで時間を消費しまくっていました。

 

「暇だし、ゴロゴロするか」という感じ。

 

しかし、結局の所それだと未来に対する不安がどんどん増えていったんですよね。

 

このままだとヤバいと感じてプログラミング学習を開始し始めましたが、もしやっていなかったら今頃はかなりツライ状況だったかなと...。

 

ニート最高と思うのは現実の逃げでしかないです。

しっかり現実を見つめてください。

 

時間は自己投資に使ってください

 

多少はダラダラするのもいいかもですが、ある程度満喫したら早いうちに自己投資に時間を使ってください。

 

もっとわかりやすく言えば「スキルをつけるための勉強に時間を費やしてください」ということです。

 

僕の話が続いて申し訳ないですが、僕も2ヶ月ぐらいはニートを満喫しましたが、それからは時間を勉強に使いました。

 

ぶっちゃけ、時間がメチャクチャあるってかなり有利な状況だと思います。

 

うまくやれば普通のサラリーマン以上に稼げるようになりますよ。

 

僕は結果的に2年後には年収は1000万円ほどまで上がりました。

 

スキルを手に入れれば自分も資産になる【怖いものなし】

 

多分、ニートの方にとって1番の不安要素って「収入がない」ことですよね。

 

しかし、勉強してスキルを身につけるとそういう不安もなくなります。

あなた自身が資産になるからです。

 

自分が持っているスキルがあれば、どこかしら雇ってくれる企業があると思えるようになります。

人生に対する余裕度は上がるのです。

これが「自身が資産になる」状態です。

社会的にも価値がある状態です。

 

ニート期間の膨大の時間を自己投資に使い、自身を資産化する。

 

これがニートの方ができるベストな選択肢です。

 

✔ 行動しましょう

 

ということで、今回は「ニートは生きる価値なし」という言葉は完全な間違いであるということや、ニートの方が社会的な価値をつけるためにするべきことについて解説してきました。

 

途中でも話しましたが、僕はニートの時期にプログラミングを習得して、フリーランスエンジニアになりました。

 

今は以下のような生活を送ることができています。

 

・毎日好きな場所で稼ぐ

・好きな時間に起きる

・電車に乗る必要なし

・年収は1000万円ほど

・良いマンションに住める

・毎日健康的な食事ができる

 

といった感じですね。

 

ぶっちゃけニート時代にありあまった時間を上手く使えたことが、今の生活につながっていると思います。

 

そして実際に「行動」を起こしたのも成功の要因かなと。

 

口で「こうなりたい」「ああなりたい」「勉強しようかな」と言うだけではなく、実際に行動を起こして学習を始めたことが全てだと思っています。

 

人に為せないことはありません。

結局は行動するかしないかなのです。

 

あなたも、ニートだけど自身に価値を着けて、人生を成功させたいのならまずは行動してみることをオススメします。

 

僕がフリーランスエンジニアになるまでにやったことはフリーランスエンジニアになるには何をすればいい?【方法と全行程を詳しく解説します】にすべてまとめています。

 

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニアになるには何をすればいい?【方法と全行程を詳しく解説します】

  あなたフリーランスエンジニアになりたいのですが具体的な方法がわかりません。   僕が未経験からフリーランスエンジニアになるまでにした方法を解説しますね。あなためちゃくちゃ難しい ...

続きを見る

 

よかったら参考にしてみてください。

 

今回は以上です。

 

-ニート

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.