ニート

【全ニートへ】焦りを抱くのは良いことです【その感情大事にしたほうがいい】

投稿日:2021年5月29日 更新日:

時計

 

こんにちは。

 

僕は2年前はニートだったのですが、そこから這い上がり一気に年収1000万円まで到達しました。

 

僕的には世の中には2種類のニートがいると思います。

 

それは「焦りを感じるニート」「焦らないニート」です。

 

ニートの状態でも焦りを感じるかどうかで、その後は結構変わると思います。

個人的にはニートは焦ったほうが良いと思います。

じゃないとロクな未来が待っていないですよ。

 

ということで、ニートなら焦りを感じたほうがいいよという話について深堀りします。

 

ニートで焦りを感じている方は偉いですよ

不可能を切るハサミ

 

いきなりなんですけど、既にニートとして焦りを感じているのならその時点で偉いですよ。

 

あとは、その焦りをどう行動につなげていくかだけが大事だと思います。

 

焦りとか「このままはイヤだ」という現状から逃げるためのエネルギーって実は使いようによっては半端ない成果を出せますからね。

 

ニートの方にはポテンシャルもあります。

 

焦らない方がまぁまぁヤバい

 

逆にヤバいのは焦らない方ですね。

 

よっぽど、家がお金持ちとかじゃないとぶっちゃけ将来詰みますね。

 

多分以下のような状態になります。

 

・スキルがないので需要もない

・まともにバイトや就職ができない

・お金がないので悪質な食事しかできない

・病院もいけない

・遊べない

・結婚もできない

・1日中ネットで他人の悪口を書く生活

 

うーん。悲惨ですね。

 

でもニートなのに焦らないでダラダラしてたらこうなるのも仕方ないですよ。

 

世の中に価値を提供しているから、世の中の方は対価としてお金をもらうことができているのです。

 

ただ家でダラダラしていてお金が発生するほど甘い世の中じゃありません。

 

焦っていない方は、20年後を想像してみるといいですよ。

多分絶望的なので。

 

焦りの本質は多分お金

 

そもそも、ニートのあなたが焦る理由を冷静に考えたことってありますか?

 

大抵の場合はお金に落ち着きます。

 

逆に、あなたが今10億円もらったら焦りますか?

多分「やったーこれからずっと好きなことしてダラダラ過ごせる」と思うはず。

逆に手元にお金がなくなったら焦りますよね。

つまり、焦りの本質はお金です。

 

「いや結婚できるかどうか心配で焦ります」「老後の生活が不安で焦ります」とか言う方もいるかもですが、それも本質はお金ですからね。

 

・仕事を得れるか不安 → お金があれば働く必要なし

・結婚できるか不安 → 経済力があればできる

・老後が不安 → 貯金があれば心配なし

 

といった感じですね。

 

世の中の不安や問題はお金があれば解決できます。

 

つまりニートのあなたが心の中の焦りを消すためには「稼ぐこと」は必須条件なのです。

 

【断言する】ニートでも稼げるようになります

 

ニートなのに稼げるようになるわけねーだろと思うかもですが、そんなことないですよ。

 

断言しますが、ニートでも1~2年で稼げるようになりますよ。

大事なのはどのフィールドで稼ぐかです。

 

ちなみに僕はニートの状態からプログラミング学習を開始して1年ちょっとで月に60万円ほど稼げるようになりました。

 

ニートの方が稼ぐのにオススメのフィールドは以下のような特徴がある分野ですね。

 

・学歴やニート歴が関係ない

・対面で人とやり取りをするのが少ない

・リモートで稼げる(パソコンさえあれば稼げる)

 

上記の特徴をもった稼ぎ方は次のとおりですね。

 

・Youtube

・ブログ

・プログラミング

・せどり

 

これらはニートでも一気に稼げる可能性を秘めています。

 

✔ プログラミングはマジでオススメ

 

中でもプログラミングは1番オススメですね。

 

理由は以下のとおりです。

 

・再現性が高い

・学歴も職歴も不要

・安定して稼げる

・就職にも繋げやすい

・元ニートがたくさんいる

 

ブログやYoutubeもたしかにうまくいく可能性もあるのですが、それ以上に失敗する可能性が高いです。

 

人を引きつける才能がないと稼げません....。

 

しかし、プログラミングで稼ぐためには、特別な才能も学歴も資格も必要ありません。

 

大事なのは「スキル」です。

 

僕は高卒&ニートという感じでしたがプログラミングスクールに通ってスキルをつけて、エンジニアになりました。

 

結果的に1年ほどで稼げるようになりましたよ。

今では年収は1000万円ほどです。

 

ちなみに、受講したプログラミングスクールはフリーランスを目指せるプログラミングスクールランキング【体験をもとに徹底分析しました】でランキング化しているので気になる方は参考にするといいかと思います。

 

フリーランス
フリーランスを目指せるプログラミングスクールランキング【体験をもとに徹底分析しました】

  あなたフリーランスエンジニアを目指すことができるスクールについてはわかりました。 でもそもそもフリーランスエンジニアになるメリットって何なのでしょうか?   結論から話すと以下 ...

続きを見る

 

プログラミングの場合は「やることをやれば確実に稼げるようになる」というのが特徴です。

 

それにエンジニアやプログラマーの方にはニート出身の方も多いです。

 

✔ 元ニートエンジニア多いです【多分適正あり】

 

僕はフリーランスエンジニアとして働いてきましたが、その中で元ニートのエンジニアをよく見かけてきました。

 

・元ニートだけどアプリ会社で1番有能なエンジニア

・ニートしてゲームをやりまくっていたけどお金がなくなって渋々働き始めた方

・ニートに戻るためにせっせと稼いでいる方

 

上記のような感じで、まぁ「元ニート」が多い業界だなーと思います。

 

理由としては、「ニートでもエンジニアはなりやすい」「適性がある」というところがあるでしょうね。

 

エンジニア業界って学歴とかニート歴を気にしない企業もあります。

だからなりやすい。

それに、パソコンを操作するのに慣れていたり、めんどくさがり屋だったりするのが適正だったりしますね。

エンジニアの方って、めんどくさがり屋が多いので。(単純作業が面倒くさいときは自動化するという良い意味です)

 

業界的にもニートに対する風当たりが弱くて、しかも適性もあるので人生の立て直しにはかなり良い選択肢かと。

 

ちなみにフリーランスエンジニアになる方法はフリーランスエンジニアになるには何をすればいい?【方法と全行程を詳しく解説します】にまとめておきました。

 

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニアになるには何をすればいい?【方法と全行程を詳しく解説します】

  あなたフリーランスエンジニアになりたいのですが具体的な方法がわかりません。   僕が未経験からフリーランスエンジニアになるまでにした方法を解説しますね。あなためちゃくちゃ難しい ...

続きを見る

 

気になる方はぜひ。

 

焦りを行動につなげるのは大事だが、思考は冷静さを保とう

飛ぶ鳥

 

現在ニートのあなたの焦りはそこそこ強いものだと思います。

 

もちろん焦りの感情を抱くのは良いことです。

行動に繋がりますからね。

 

しかし、焦りに心が支配されると、今度は冷静な判断ができなくなります。

 

ベストは焦りつつも、冷静な思考を保つこと。

これに尽きます

 

焦りで冷静な判断ができないとさらに状況が悪くなる可能性だってあります。

 

「すぐ稼げる」という言葉には注意

 

「はやく稼げるようにならないと」「収入源を手にしないと」と焦っているときこそ「すぐ稼げる」という言葉には注意ですよ。

 

大抵はマルチ商法とか裏ビジネスなので。

1日や1ヶ月で稼げるようになるとかはマジで注意です。

 

そういう稼ぎ方に手を出すと、逆に借金が増えたりして絶望的な状態になることもあるので注意です。

 

個人的には、稼ぐには最低限の努力は必須だと思っています。

 

1日や1ヶ月で大金を稼げるような甘い話はありません。

 

プログラミングにしてもYoutubeにしてもブログにしても1年ぐらい継続しないと稼げるようにはなりません。

 

でも、そういう「少しの我慢」の時期がある稼ぎ方は、本当に稼げるようになります。

 

「焦りは感じるけど、1年後にしっかり安定して高収入になれてたら良いな」という冷静な思考は持っておいてくださいね。

 

フリーランスエンジニアになる場合は多分1年ぐらいかかりますが、1年後には月に50~70万円稼げるようになります。

 

実際に僕は1年ほどで月に60万円ほど稼げるようになりました。

 

詳しくは【誰でも目指せる】「フリーランスエンジニアは稼げる」はマジです【1年で月収60万円達成】で話していますので、気になるニートの方は目を通してみてください。

 

焦って就職→適正なし→ニートに逆戻りはNG

 

とにかく収入を得るために、適正のない仕事につくのもマジでやめておいたほうが良いと思います。

 

これは根が真面目なニートがやりがちなミスですね...。

せっかく就職しても仕事の相性が悪くてニートに逆戻りになってしまうのがオチです。

 

例えば、ニートの方が営業職に就職するとか、個人的には「絶対に適正ないだろ」って思っちゃいます。

 

多分、接客とか向いていないので病む。

で、結果的に辞めると思います。

 

ニートの方に向いている仕事って次のような特徴をもった仕事だと思いますけどね。

 

・オンラインで完結

・リモートワーク可能

・朝はゆっくりできる

・人に監視されない

・接客なし

 

上記のような条件を満たした稼ぎ方だと「フリーランスエンジニア」「WEBマーケター」「イラストレーター」「Youtuber」「ブロガー」「デイトレーダー」とかですかね。

 

ちなみに、僕自身はフリーランスエンジニアですが以下のような感じで稼いでいます。

 

・フルリモート

・年収は1000万円ほど

・好きな時間に稼ぐ

・好きな時間に休む

・電車に乗る必要なし

 

かなり快適です。

少なくとも「絶対に辞めたい」とは思いません。

 

焦る気持ちは分かりますが、あなたも、適正がある稼ぎ方を手にするといいかなと思います。

 

✔ 補足:周りと自分を比較しないこと

 

あと、他人と自分を比較して焦りを感じるのは良くないかなと。

 

焦るなら「自分の理想」と「自分」を比較して焦ってください。

 

他人と比較しても、落ち込むだけですよ。

実際僕はニート時代に他人と自分を比較してメチャクチャしんどくなってしまいました。

 

そもそも、ニートという時点で、他人とは違うレベルで社会のレールからハズレてますからね...。

 

わざわざ優秀な他人と比較して落ち込む必要はないです。

 

ニートでも復活はできる【前を向いて一歩ずつ歩もう】

お金に向かってはしごをかける人

 

ということで、今回はニートで焦りを感じている方に向けて、その感情は良いことという話をしてきました。

 

後はその感情を活かして正しい方向に行動することだけです。

 

・ニートでも稼げるジャンルを選ぶこと

・適正を考えること

・焦って変なビジネスに手をツッコまないこと

 

上記だけは気おつけつつ、一歩ずつ前に進んでいくといいですよ。

 

別にニートだろうが人生は立て直せる

 

いまメチャクチャ不安なあなたにハッキリ言いますが、ニートでも人生は立て直せます。

 

僕も2年前まで高卒&スキルなしニートでした。

でも、そこからコツコツ積み上げた結果今では年収1000万円ほどになりました。

 

別に無理はしなくてOKです。

 

コツコツ努力を積み上げれば世の中のエリートと呼ばれるような方たちよりも稼げるようになることだって可能です。

しかも1年ほどで。

 

大事なのは「ニートを辞めて、理想の人生を歩もう」という気持ちです。

できる範囲でコツコツ前に進みましょう。

 

何から始めようかなと迷う方はこの記事を読み返して、立て直し方を選ぶと良いかと思います。

 

今回は以上です。

 

ありがとうございました。

 

-ニート

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.