デイトラ

デイトラでRuby・railsを学べるコースは1つだけ【評判や向いている方の特徴も紹介】

会話の吹き出し

 

あなた
デイトラでRuby・railsを学習することはできますか?どのコースで学習できますか?

 

今回はこのような疑問に答えていきます。

 

【この記事でわかること】

 

【この記事の信頼性】

この記事を書いているのは現役のフリーランスエンジニアです。

Rubyやrailsの現場での使われ方についてもよく分かっています。

また、デイトラも体験経験があるのでデイトラでのRuby学習方法についても把握しています。

 

デイトラでRuby・railsを学べるコースは1つだけ

コードと人

 

結論から話すと、デイトラでRuby・railsを学習することは可能。

Webアプリ開発コース」というコースでのみ学習できます。

 

コース概要は以下の通り。

 

コース名Webアプリ開発コース
料金(税込)99,800円
学習できる内容RubyやrailsなどWebアプリ開発に必要なスキル全般
向いている方・エンジニアになりたい方
・プログラミングで稼げるようになりたい方
形式オンライン
日数90日

 

学習できる内容やコースの評判について深堀りして紹介していきますね。

 

カリキュラム内ではRubyの基本から応用まで学習できる

 

まず学習できる内容ですが、一気に紹介してしまうと次のとおりです。

 

・HTML/CSS

・Bootstrap

・JavaScript/jQuery

・Ruby

・rails(Rubyを簡単に扱えるようにしたフレームワークというもの)

・アプリ作成技術

 

このようなスキルはRubyエンジニアになる上で必須。

簡単に言えば「デイトラのWebアプリ開発コースを受講すればRubyエンジニアとしてのスタートを切ることができるレベルになること」ができます。

 

カリキュラムの後半では「TODOアプリ作成」「CRUD機能開発」などの実践的な学習がある。

もちろん応用的な学習になりますが、そのような学習を通すことでRuby・railsのスキルは確実に身につきますよ。

 

Rubyを学習できるコースの評判も上々

 

次にコースの評判ですが、こちらもなかなか良い。

次のような声を受講生から聞くことができます。

 

・丁寧でわかりやすい

・コスパが良かった

・エンジニアになることができた

 

こちらの方も「基礎から丁寧に教えてくれる」と褒めていますね。

 

デイトラのRubyコース感想

 

デイトラRuby on Rails初級編終了

本当に基礎的なところから丁寧に教えてくれるので、僕のような未経験者にとっては神コンテンツです!

 

デイトラのWebアプリ開発コースでは現役エンジニアがチャットサポートを通じて、常にサポートしてくれます。

初心者のあなたでも挫折しないで最後まで学習できますよ。

 

コースの評判については以下の記事でさらに詳しくまとめていますので、参考にどうぞです。

>>【良い?】デイトラのWebアプリ開発コースの評判や口コミをまとめてみた【プロの評価あり】

 

他にもRuby・railsを学習できる優良スクールをまとめました

 

もちろんデイトラ以外にもRuby・railsを学習できるスクールは存在します。

優良スクールを以下にまとめましたので、比較&検討の材料にしてみてください。

 

スクール名(コース名)料金特徴&評価
テックアカデミー Webアプリケーションコース  月々7,288円〜 (一括:174,900円)・コスパが良い
・チャットサポートの返信が早い
・就職サポート体制もそこそこ充実
DMMWEBキャンプ  月々28,072円〜 (一括:640,800円 → 給付金利用時:340,800円・転職保証つき
・確実にエンジニアになりたいならオススメ
RUNTEQ(ランテック) 月々13,900円〜 (一括:400,000円)・受講期間が長く、徹底的に基礎からスキルを習得可能
・業界内で評判がいいので転職もしやすい
ポテパンキャンプ 月々15,700円〜 (一括:327,800円〜)・転職保証付き
・即戦力エンジニアを育成するようなカリキュラムになっているので少々ハード
・エンジニアになってすぐに稼ぎたい方にはオススメ

 

ちなみに個人的には、本気でエンジニアを目指すならデイトラ以外のスクールのほうがいいかなと思います。

デイトラは確かに安さは魅力ですが、就職の強さはイマイチです。

 

転職成功実績が豊富で、就職サポートも充実している「テックアカデミー  」「ポテパンキャンプ 」「RUNTEQ(ランテック) 」あたりをオススメします。

 

以下ではエンジニア転職に強いスクールをランキング化しているので、目を通しておくといいかもです。

>>参考:【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

 

「Ruby」「rails」を学ぶべき方の特徴3選

チャットで話す人

 

ここまではデイトラでのRuby及びrails学習について紹介してきました。

しかし、もしかするとあなたは「そもそも自分がRubyやrailsを学ぶべきなのか」がはっきりしていないかもしれません。

 

そこでここからは「Ruby・rails」を学習するべき方の特徴について触れていきます。

結論から話すと、以下の3つ。

 

・その1:Webエンジニアになりたい方

・その2:働き方に柔軟な企業のエンジニアになりたい方

・その3:Web開発をやってみたいけど言語に迷っている方

 

それぞれについて解説しますね。

(あなたが当てはまるなら、Rubyを学ぶといいです)

 

その1:Webエンジニアになりたい方

 

1つ目の特徴は「Webエンジニアになりたい方」です。

 

Rubyという言語やrailsというフレームワークは、主にWeb開発の現場で用いられます。

そのため、あなたがWebエンジニアになりたい場合は学ぶ価値があります。

 

最近だと「楽天」「Dena」「DMM」といったメガベンチャーなどの企業も用いています。

Rubyができるようになれば、Webエンジニアとしての就職には困らないはず。

 

もしもWebエンジニアの仕事内容が知りたい場合は、以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

>>【WEBエンジニアの業務内容を知りたい方向け】現役のプロが紹介【これから目指す方は参考にできる】

 

その2:働き方に柔軟な企業のエンジニアになりたい方

 

2つ目が「働き方に柔軟な企業のエンジニアになりたい方」です。

 

Webエンジニアになるためには、別にRuby以外の言語を学んでも大丈夫です。

JavaでもWebアプリ開発は可能です。

 

しかしながら「働き方の柔軟さ」にフォーカスした場合、JavaでWebアプリ開発をする現場とRubyでWebアプリ開発を行う現場ではかなり違いが出てきます。

後者(Ruby)のほうが「リモートワーク」「フレックスタイム制」などを導入していることが多いです。

 

あなたが自由に働きたい、柔軟な働き方がしたいと思っている場合はRubyを習得してエンジニアになってみるといいでしょう。

 

その3:Web開発をやってみたいけど言語に迷っている方

 

最後3つ目は「Web開発をやってみたいけど言語に迷っている方」です。

 

Webエンジニアになりたい、もしくはWeb開発をやってみたいけど「どの言語から学習を始めればいいのかわからない」ならRubyからやってみてはいかがでしょうか?

Rubyはわりと初心者の方にオススメの言語です。

理由は次の通り。

 

・そこまで複雑ではない

・日本語のドキュメントが豊富(日本人が作ったプログラミング言語)

・開発者が多く、情報も多い

 

最初から難しすぎる言語をやってしまって挫折するよりも、Rubyで確実に成功したほうがいいです。

プログラミングは1つの言語を習得してしまえば、2つ目の言語の取得からは案外簡単ですからね。

 

ファーストステップとしてまずはRubyを習得しておくのは賢い選択でしょう。

>>Webアプリ開発コース

 

今から学習を開始すれば1年後には月収60万円は普通に目指せる【知ってました?】

自由な生活を送る人

 

ということで今回は「デイトラでRuby・railsは学習できること」「Ruby・railsを学ぶべき方の特徴」を紹介しました。

 

ここまで読んだ時点で「Rubyを学習してみたい」と感じたなら、さっそくスタートしてみるといいです。

今から学習を始めれば3ヶ月後には就職成功、その1年後には月に60万円稼げるようになることも十分可能ですからね。

 

別に才能も資格も学歴も必要ありません。

大事なのは「やるかやらないか」ですよ。

 

凡人でも稼げるようになった話

 

僕の話になってしまって申し訳ないのですが、あなたの参考にもなると思うので少し話させていただきます。

 

実は僕自身もともとはプログラミングなんてやったこともない、ただの平凡な高卒人間でした。

(むしろ平凡以下だったかも)

 

しかしプログラミングを学習し、エンジニアになった結果1年後には月に60万円ほど稼げるようになっていました。

>>参考:【誰でも目指せる】「フリーランスエンジニアは稼げる」はマジです【1年で月収60万円達成】

 

以下は振り込みの証拠です。

(エンジニアになって1年半後ぐらいのエンジニア業での月収。74万円ほど。)

 

フリーランスエンジニアの報酬額

 

「本当に稼げるようになるのか」「ネット上にあるエンジニアの魅力は嘘なんじゃないか」と不安を覚えることもあったのですが、実際のところエンジニアが稼げるのはマジでした。

 

おそらくあなたは、僕よりも何倍も優秀な方なはず。

あなたなら「エンジニア転職」「エンジニアになって稼ぐ」ということは、やること(学習)をやれば確実に実現できるかと。

 

働き方の面でもメリットは多い

 

金銭面のメリットはもちろんですが、働き方の面でのメリットの多さもエンジニアになって実感しています。

例えば次のような感じ。

 

・家で仕事できる

・午後だけ出勤とか受け入れてくれる

・一時的に週3出勤にしてくれる

・家族やペットと過ごす時間も増える

・肉体的に疲れない

・仕事中ソファでくつろげる

 

多分なんですけど、会社に出社して嫌いな上司の目の前で、必死に仕事をしている方が見たら怒りそうな状態で仕事しています。

それぐらい緩く働けるのも、エンジニアのいいところかと思います。

(もちろんやることはやる)

 

あなたも今の毎日の通勤や、一瞬も気が抜けない職場にウンザリしているのであればエンジニアになってみてはいかがですかね?

 

他の難関資格系の労力に比べたら、そこまで大した労力も必要じゃない

 

もちろん、エンジニアになるために学習は必要です。

初心者の方にとっては決して楽な道ではない。

しかしながら、人生を変えたいと感じた時に必ず出てくる選択肢である「難関資格の取得」とかに比べたら、労力ははるかに少ないと思います。

 

難関資格の取得には数年かかることもある。

それに比べてエンジニアになるにはスクールのカリキュラムを3ヶ月ほど真剣に取り組むだけでOK。

大分楽じゃないですかね?

 

厳しいことを言いますが、3ヶ月ほどの学習を受け入れられない方はこの先生活を豊かにすることは難しいと思います。

もしも、本気で「給料を上げたい」「自由に収入を得たい」と思うのならば、3ヶ月ぐらいはグッと我慢して乗り越えてみてください。

 

デイトラを始め、各スクールはあなたの背中を支えてくれるはずですよ。

応援しています。

>>Webアプリ開発コース

 

【こちらもよく読まれています】

【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

フリーランスを目指せるプログラミングスクールランキング【体験をもとに徹底分析しました】

 

プログラミングスクールに関する情報

【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】と書かれた画像
【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

  あなたプログラミングスクールに通いたいけどたくさんありすぎてどこがいいのかわかりません。   最近はエンジニアブームということもありプログラミングスクールが増えました。 一方でたくさんありすぎてど ...

続きを見る

返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】と表示されたパソコンの画面
【転職保証つき】返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】

  あなた返金保証がついているオススメのプログラミングスクールってありますか?   結論から話すと、返金保証つきのプログラミングスクールランキングは次の通りです。   1位:DMMWEBキャンプ  【 ...

続きを見る

wordpress
【無料あり】WEB制作を学べるオンラインスクールランキング【副業で稼ぎたい方向け】

  あなたWeb制作の副業で稼ぎたいけど、どのスクールで学ぶのが良いの? スクール選びで失敗はしたくないです。   ↑このような疑問や不安を解決するべく、現役のWebエンジニアがWEB制作を学べるスク ...

続きを見る

フリーランス
無料あり:フリーランスを目指せるプログラミングスクールランキング【体験をもとに徹底分析しました】

  あなたフリーランスエンジニアを目指すことができるプログラミングスクールってありますか?   最近では、高年収や働きやすさの魅力からフリーランスエンジニアを目指す方も増えてきました。 結論から話すと ...

続きを見る

WEB系自社開発企業にいけるプログラミングスクールランキング【現役エンジニアおすすめ】と書かれた画像
WEB系自社開発企業にいけるプログラミングスクールランキング【現役エンジニアおすすめ】

  あなたWEB系の自社開発企業に就職したいです。 オススメのスクールを教えて下さい。   結論から話すと、WEB系自社開発に行きやすいスクールのランキングは以下の通り。   第1位:テックアカデミー ...

続きを見る

-デイトラ

© 2022 エンジニアてんし君ブログ