nodejs

Nodeバージョン管理ツール「n」でバージョンが切り替わらないときの対処法【パスを確認】

投稿日:

犬

 

先日、nodeのバージョン管理ツール「n」をインストールした際にバージョン切り替えがうまくいかなかったので、その時の対処法を紹介します。

 

【前提】

・インストール自体はうまくいく

・nodeのバージョンリストも取得できる

・ただしバージョンは切り替わらない

 

sudo npm install -g n //うまくいく
 n --version //確認できる
n install 12.14.1 //うまくいく
n list //うまくいく
n //ここができない

結論:違うnodeを見ていました

 

インストールできているのに、切り替えがうまくいかないので、以下コマンドを叩いてみました。

 

which node

 

すると「/.nodebrew/current/bin」を見ていることが判明。

今回nで見てほしいパスは「/usr/local/bin/node」なので、修正が必要でした。

 

修正の流れ

 

ということで、既存のnodeのパスを指定しているところを消しましょう。

とりあえず、既存のbashのパスを見てみます

 

less  ~/.bash_profile 

 

すると以下のような記述を発見...。

おうふ。

 

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

 

消してから以下を実行。

 

source ~/.bash_profile 

 

再び、どのnodeを指しているかチェックします。

/usr/local/bin/nodeを見ていれば成功です。

 

which node //「/usr/local/bin/node」が正解

 

そもそも、nodebrewのパスを見ていたのはNode.jsをMacにインストールする方法【完全版】で、パスを書いていたからでした。

忘れてました。

 

切り替わることを確認

 

試しに「sudo n」で切り替えてみます。

今回は、12.15.0に変更してみます。

 

nodeのバージョン一覧

 

無事切り替わりました。

今回は以上です。

 

注意ポイント

・「n」でバージョンが切り替わらないときは、既存のnodeのパスが邪魔していないかチェック!

 

-nodejs

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.