PHP

Laravel8.Xでデバックモードを有効&デバッグバーを表示する方法【できない場合の解決方法も記載】

投稿日:

開かれた本

 

あなた
Laravel8でデバックモードを有効にしたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?

 

今回はこんな疑問に答えます。

結論から話すと、デバッグバーをcomposerでインストールしてデバッグモードを有効にすればOKです。

 

有効になると、画面下部にデバッグバーが表示されます。

viewやmodelの情報が視覚的にわかるので、開発時にはわりと便利です。

 

デバッグバーが表示されたlaravelの画面

 

では、さっそく具体的な方法を紹介します。

 

Laravel8.Xでデバックモードを有効にする方法

 

結論から話すと、以下の流れでOKです。

debugbarをインストール

・.envでデバックモードを有効

それぞれについて解説します。

 

①laravel-debugbarをインストール

 

まずはlaravel-debugbarをインストールしましょう。

プロジェクトのルートディレクトリで以下のコマンドを叩いてください。

 

 composer require barryvdh/laravel-debugbar

 

インストールが始まって、完了すればOKです。

 

✔ バージョン1だとインストールできないかも【2系にアップグレードしましょう】

 

ちなみになのですが、composerのバージョンが1系だと、ダウンロードがうまく行かないかもです。

自分は以下のようなエラーが出ました。

Warning from https://repo.packagist.org: Support for Composer 1 is deprecated and some packages will not be available. You should upgrade to Composer 2. See https://blog.packagist.com/deprecating-composer-1-support/

 

そこで、composerのバージョンをアップ。

バージョンアップのコマンドは以下の通りです。

 

composer self-update

 

バージョンアップできたら、再度デバッガーをインストールしてみてください。

 

②.envでデバックモードをtrueにする

 

次に、.envファイルでデバックモードをtrueにしましょう。

といっても、ここはデフォルトでtrueになっているので、一応確認です。

 

APP_DEBUG=true

 

.envファイルで上記のようになっていればOKです。

ちなみに、falseの場合はデバッグしたい時はtrueに変更しておきましょう。

 

✔ envの変更が反映されない場合の対処法

 

たまに「envファイルを編集したのに、変更が反映されない...」というときがあります。

結論から話すと、キャッシュが影響している可能性が高いです。

envファイルをいじった後は、以下のコマンドでキャッシュをクリアしましょう。

 

php artisan config:clear

 

「Configration cache cleared!」と表示されれば成功です。

 

今回は以上です。

 

-PHP

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.