laravel

Laravel8.Xで認証機能を実装するためにLaravelBreezeを導入する方法【コマンドつき】

2021年7月21日

ログイン画面

 

あなた
Laravelで認証機能を実装したいのですが、どうしたらいいでしょうか?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

結論から話すとLaravelBreezeの導入がオススメです。

 

【LaravelBreezeの概要】

Laravel Breezeにログイン、ユーザー登録、パスワードのリセット、メールの検証、パスワードの確認など、Laravelのすべての認証機能を最小限シンプルに実装しました。

引用:公式ドキュメント

 

ということで、さっそく導入方法をまとめていきます。

 

Laravel8.Xで認証機能を実装する→LaravelBreezeをインストール

 

LaravelBreezeを導入すれば、手軽にログイン機能、ユーザー登録、パスワードリセットなどを実装できます。

インストール手順は以下のとおりです。

 

・composerでインストール

・artisanでインストール

・npmインストール&実行

 

ぞれぞれを解説します。

 

①composerでインストール

 

以下のコマンドをプロジェクトのルートディレクトリで実行してください。

 

composer require laravel/breeze "1.*" --dev

 

Package manifest generated successfully.などの文字列が表示されていれば成功です。

 

②artisanでインストール

 

以下コマンドを実行してください。

 

php artisan breeze:install

 

Breeze scaffolding installed successfully.」と表示されたら成功です。

 

③npmの実行

 

以下のコマンドを実行してください。

 

npm install && npm run dev

 

この際に「You are using an unsupported version of Node. Please update to at least Node v12.14」というエラーが起きる場合があります。

自分の場合は出ました...

 

ということで、今回を機に、nodeのバージョン管理ツール「n」をインストールしました。

「n」があれば自由自在にバージョンを切り替えることができます。

 

以下コマンドで、nをインストールします。

 

sudo npm install -g n

 

バージョン12.14.1をインストールします。

 

n install 12.14.1

 

以下のコマンドで、インストールしたバージョンを確認できます。

 

n list

 

以下のコマンドでバージョンを切替可能です。

 

n //失敗する場合は sudo n で試してみてください

 

バージョンを確認しておきましょう。

 

 node -v //12.14.1ならOK

 

ここで、nodeのバージョンが変わらない方は、既存のパスが悪さをしているかもです。

Nodeバージョン管理ツール「n」でバージョンが切り替わらないときの対処法【パスを確認】に対処方法をまとめておきました。

犬
Nodeバージョン管理ツール「n」でバージョンが切り替わらないときの対処法【パスを確認】

  先日、nodeのバージョン管理ツール「n」をインストールした際にバージョン切り替えがうまくいかなかったので、その時の対処法を紹介します。   【前提】 ・インストール自体はうまくいく ・nodeの ...

続きを見る

 

あと、いくつかnのコマンドをまとめておきました。

参考にしてみてください。

 

n //バージョン切り替え。インストールしたバージョンを確認できるのでカーソルを合わせてEnterすればOK
n install バージョン //指定バージョンのnodeをインストール
n list //インストールしたnode一覧を確認できる

 

ということで、nodeのバージョンも上げたので再度実行。

 

npm install && npm run dev

 

うまくいきました!

webpack compiled successfully」と表示されれば成功です。

 

ログインフォームを確認してみましょう

 

ローカルのLaravelの環境を見てみましょう。

公式ドキュメントのチュートリアルどおりやっているのならばhttp:,//localhostですね。

 

✔ ログインフォームとregisterがあればOK

 

以下のように右上に「ログイン」「登録」が表示されれば成功です。

 

ログインフォーム

 

これだけで認証機能をセットアップできるとか、メチャクチャ楽ですね。

ちなみに、Laravelには他にも認証機能を実現できるライブラリがあるようです。(Laravel Jetstream等)

 

ただし、初心者向けなのは今回紹介したLaravelBreezeのようです。

あなたが、初めてLaravelで認証機能を実装するのであればLaravelBreezeがいいかもですね。

 

今回は以上です。

 

プログラミングスクールに関する情報

【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】と書かれた画像
【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

  あなたプログラミングスクールに通いたいけどたくさんありすぎてどこがいいのかわかりません。   最近はエンジニアブームということもありプログラミングスクールが増えました。 一方でたくさんありすぎてど ...

続きを見る

返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】と表示されたパソコンの画面
【転職保証つき】返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】

  あなた返金保証がついているオススメのプログラミングスクールってありますか?   結論から話すと、返金保証つきのプログラミングスクールランキングは次の通りです。   1位:DMMWEBキャンプ  【 ...

続きを見る

wordpress
【無料あり】WEB制作を学べるオンラインスクールランキング【副業で稼ぎたい方向け】

  あなたWeb制作の副業で稼ぎたいけど、どのスクールで学ぶのが良いの? スクール選びで失敗はしたくないです。   ↑このような疑問や不安を解決するべく、現役のWebエンジニアがWEB制作を学べるスク ...

続きを見る

フリーランス
無料あり:フリーランスを目指せるプログラミングスクールランキング【体験をもとに徹底分析しました】

  あなたフリーランスエンジニアを目指すことができるプログラミングスクールってありますか?   最近では、高年収や働きやすさの魅力からフリーランスエンジニアを目指す方も増えてきました。 結論から話すと ...

続きを見る

WEB系自社開発企業にいけるプログラミングスクールランキング【現役エンジニアおすすめ】と書かれた画像
WEB系自社開発企業にいけるプログラミングスクールランキング【現役エンジニアおすすめ】

  あなたWEB系の自社開発企業に就職したいです。 オススメのスクールを教えて下さい。   結論から話すと、WEB系自社開発に行きやすいスクールのランキングは以下の通り。   第1位:テックアカデミー ...

続きを見る

-laravel

© 2022 エンジニアてんし君ブログ