人生

人生に本気になれないあなたは1日24時間を人生だと考えてください【嫌でも真剣に生きるはず】

投稿日:

幻想的な山

 

たまに「人生に本気になれないのですが、どうしたらいいですか?」みたいな質問をいただきます。

 

結論から話すと、「時間の有限性」を意識すれば本気になれるかと。

 

今、人生に本気になれていないあなたは「どうせ、人生は長い」と考えているので本気になれていません。

 

でも、もし人生が残り24時間しかなかったら?

きっとあなたは本気になるはず。

1秒も生きている時間をムダにしたくはないはずです。

 

ちなみに、僕は人生の有限性を理解しているから毎日本気で生きています。

その結果20代で独立、年収は1000万円ほどに到達できました。

 

今回は人生に本気になれない方は人生の有限性を理解するべきという話を深堀りしていきますね。

 

人生に本気になれないと悩む方へ→今日が人生だったら?

腕時計を気にする人

 

今人生に本気になれない方は、時間の有限性を理解しようと言いました。

 

言い換えれば「人生とは限られている時間だよ」ということを理解しようということです。

 

でも、実際理解したところで、何も焦りとか感じないことが多いです。

ふーんと思って終了なんてことも。

 

「人生は有限」ということを理解しても、まだ何も感じない方は、「今日24時間が人生」だったらと考えてみましょう。

 

本質的には同じです。

 

人生は終わりある時間でしかないということがわかれば、多分本気になれます。

 

「人生」という単位だと本気になりにくい

 

そもそもなんですけど、多分「人生」っていうワードはでかすぎて、終わりを実感しにくいかと。

 

特に20代、30代の方にとっては「人生=まだまだある=本気にならなくても良い」みたいな思考になりがちです。

 

だから人生に本気になれないって案外普通のことですよ。

僕もなかなか本気になれなかったので。

以前までは「どうせ明日もあるし、まぁいいか」という考えになってました。

 

人生という単位だと案外本気にはなりにくいです。

 

多分、本気になれる状態って普通は以下のような状態だと思います。

 

・失敗したら、取り返しがつかない時

・ラストチャンスの時

・絶対に負けたくない時

・そもそも1回しか機会がない時

 

つまりは「追い込まれてる時」です。

 

もっと深く言い換えれば「追い込まれてる時=機会・時間が限られている時」ですね。

 

だから、長い人生という単位だと、本気になれない。

 

本気になるには、追い込まれないと(制限を感じないと)いけないのです。

 

もし、今日の1日が人生だったらみんな本気になると思う

 

もし、今日の24時間が人生だったらどうでしょうか?

 

今日の深夜23時59分であなたの人生が終わるなら、本気になれるかと。

 

なんでかというと、終わりが見えるから。

自分の人生は限られていると実感するからです。

 

どんな1日にしますかね?

きっと、1秒もムダにしたくなくて、色んな予定ややってみたかったことを入れると思います。

 

「時間の有限性を意識すると、本気になれる」ということがわかったのではないでしょうか?

 

長い人生においても本当は、「1日24時間が人生」を想像したときと同じ感情を持つべきなのです。

 

ただし、それは難しいので、毎日「今日で人生が終わる」と考えて生きていくと毎日本気で生きていけます。

 

別に過去も未来も考えなくていい【今を見よう】

 

ありがちなのが「過去を引っ張り出してきて萎える」とか「未来を想像して憂鬱になる」とかです。

 

そういう時間があると、人生に本気になるとか無理ですよ。

 

あなたにとっての人生は「今」だけです。

過去や未来をどう生きるかなんてコントロールできるわけないです。

でも、今はコントロールできる。

 

あのホリエモンも

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ

という名言を残していますが、本当に納得。

 

大事なのは「今」です。

 

少々哲学的になってきてムズカしくなってきちゃいましたね...。

でも言いたいことはシンプルです。

 

・今日1日が人生だと思う(今日が人生最後の日という思考でもOK)

・過去や未来のことを考えず今に集中する

 

↑これだけです。

上記のことだけ徹底すれば、今日からあなたは人生に本気になれます。

 

人生に対して本気で向き合うことができれば必ず良いことが起きる

道路で泳ぐ人

 

あなた
でも、人生に本気になったところで何かいいことあるの?

 

こう思う方もいるかもですね。

 

答えは「Yes」です。

 

人生に本気で向き合える、つまり今日1日を全力で生きることができるようになると、色んな良いことがありますよ。

 

朝は早く起きれる

 

まず、朝早く起きれますね。

ベッドの中で「今日が人生最後の日」と考えると、嫌でも起きます。

じゃないと1日がもったいないので。

 

1日(人生)の終わりに「あー今日もうちょっと早く起きればよかった」と思うのって辛くないですか?

そういう後悔だけはしたくないはず。

 

僕も、朝はそこまで得意ではないです。

ちょっと眠いのですが「今日が人生最後」だと考えると起きれます。

 

ちょっと意識高すぎて何言ってるのかわからない...。

という方はこの画面をそっと閉じていただいてOKです。

 

このへんの話になってくると理解できる方と、出来ない方がいると思うので。

 

無意味な時間を過ごさなくなる

 

人生に本気になれていないときって無意味な時間を過ごしがちです。

 

例えば以下のような時間です。

 

・必要以上のゲーム(ちょっとくらいなら必要かと思います。リフレッシュにもなるし。)

・好きでもない人と過ごす食事

・SNSをダラダラ見る

・Youtubeをダラダラ見る

 

僕も、「人生は有限」と思えてないときは上記のような時間の過ごし方をしてしまいます。

 

でも、人生に本気になれているときってそういう無駄な時間の使い方はしなくなりますよ。

 

それよりも「やりたいことをやる」「成果を残すために必要なことをする」「幸福のために必要なことをする」時間に使えます。

 

結果を残そうと思える

 

何か目標があるなら、人生に本気になれることで、結果を残そうと頑張れるようになります。

 

例えば、試験とかでも、前日になると追い込まれてやる気が出たりしますよね。

つまりはそういうことです。

 

限られた時間であることを理解して、本気で向き合えば結果を残すために本気で努力できます。

 

結果的に早く成功にたどり着ける

 

人生に本気になれている方って、早く成功します。

(ここでの成功者はお金持ちという意味とします。)

 

なぜなら常に100%の力を発揮できているからです。

追い込まれるまで50%の力を出せない方より、成功しやすいのは明らかですよね。

 

もし、あなたが成功者(お金持ち)になりたいのであれば、人生に本気で向き合うことはかなり大事ですよ。

 

本気になりたいと感じているのなら、あとはちょっと思考を変えるだけ【あなたは勝ち組です】

考える銅像

 

ということで、今回は「人生に本気になれない」という方に向けて、どうすれば本気で向き合うことができるのかを紹介しました。

 

繰り返しますが、大事なのは以下の2点です。

 

・今日1日が人生だと思う(今日が人生最後の日という思考でもOK)

・過去や未来のことを考えず今に集中する

 

本気になりたいと感じている方は、上記のような思考に変えるだけで、すぐに本気になれると思いますよ。

 

そもそもですが、「本気になりたい」と思っている時点でかなり勝ち組です。

 

そう思うことにすらたどり着けないで、人生を諦めている方ってたくさんいますので。

 

ぜひ、その意識を有効に活用してみてください。

 

今回は以上です。

 

-人生

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.