Git PHP

GitHubとSourcetreeを連携させてcakephpの開発フロー再現

投稿日:2020年3月6日 更新日:

GitHubとSourcetreeを連携させてcakephpの開発フロー再現と書かれた画像

 

あなた
cakephpの現場でGitのGUIとしてSourcetreeを使ってるけどよくわからずにビクビク使ってます。自分で練習したいです。

 

新人エンジニアの方はGitによるバージョン管理にまだなれていないと思います。

「新人でもわかりやすいように」とSourcetreeが使われるわけなんですけどもそもそもコチラもよくわかんないよという方に向けて、個人で練習できる環境の作り方を紹介します。

 

【この記事でわかること】

✔ GitHubとSourcetreeを使ったcakephp開発のGit環境構築

 

こんな方におすすめ

  • 現場に入ったばかりの新人
  • cakephpを使いたい方
  • エンジニアを目指す方
  • ポートフォリオを作りたい方

 

Sourcetreeのインストール

 

こちらからインストールしましょう。

途中でBitbucketに登録を求められるので登録しておいても良いです。

完了して起動すると以下のようになっているはずです。

 

sourcetreeの画像

 

しかし今回はGitHubを使っていくので、GitHubをSourcetreeと紐付けていきます。

GitHubの登録がまだのかたはコチラを参考に登録してください。

>>GitHub登録方法【初心者OK】

 

GitHubでリポジトリ作成

 

GitHubでリポジトリを作っておきましょう。

 

GitHubの画像

Sourcetreeのアカウントに接続

 

sourcetreeの右上の歯車アイコンからアカウント→追加と進んでGitHubアカウントを追加します。

設定は以下のようにしておきましょう。

 

認証タイプ basic

プロトコル HTTPS

デフォルト

 

sourcetreeのアカウント連携画像

Cakephpプロジェクト作成

 

cakephpのプロジェクトを作成しましょう。

こちらを参考にしてください。

>>MAMP環境下でcomposerを使ってcakephpを導入する手順

 

ローカルにドラッグアンドドロップ

 

こちらに作成したユーザー直下にあるcakephpプロジェクトをドラッグアンドドロップすると以下のようになります。

 

sourcetreeの画像

 

このまま作成でOKです。

最初は数字とmasterが表示されます。

これは未コミットファイルの数と現在のブランチです。

 

sourcetreeの画像

 

ターミナルで以下を実行しましょう。

cd これが見本(あなたが作ったcakephpのプロジェクトの名前)

git init.

git add README.md

git commit -m "first commit"

git remote add あなたが作成したリポジトリURL

git push -u origin master

 

GitHubを開いて以下のようなREADME.mdが反映されていたらOKです。

 

 

今回はSourcetreeとGitHubの紐付けと開発環境の整え方をざっと紹介しました。

これで一応「エンジニアっぽいcakephpの開発フロー」の準備はできました。

今後はこのあとの進め方や細かい設定の意味なども載せていきます。

追記:こちらに開発フローをまとめています。

>>SourcetreeとGitHubでcommitからpullrequestまでの流れをまとめてみた

 

-Git, PHP

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2020 All Rights Reserved.