mongodb プログラミング

mongodbで"ok" : 0, "errmsg" : "too many users are authenticated", "code" : 13, "codeName":"Unauthorized"エラーが出た時の対処方法

投稿日:2019年10月12日 更新日:

てんし君
よっしゃ結構MongoDB使えるようになってきたし「管理者権限」意識してみるか!

と意気込んでいた時のこと。

管理者権限のあるユーザーを登録して、管理者としてログインしてからコレクションの削除コマンドを実行すると

 

"ok" : 0,"errmsg" : "too many users are authenticated","code" : 13,"codeName" : "Unauthorized"

 

、、、?

"Unauthorized"

なのでまだ権限が付与されて無い感じがしますね。

でも、管理者としてログインはできています。

 

> db.auth("僕がつけた名前", "パスワード")

> 1

上記の状態で

 

db.コレクション名.remove({});

 

を実行しようとしました。

解決方法

一旦、exitしてから再び同じことを行ったらあっさりできました。

どうやらたまに起こるエラーっぽいですね。

"ok" : 0,"errmsg" : "too many users are authenticated","code" : 13,"codeName" : "Unauthorized"

が出てきたときは一度mongoを再起動してみるといいです。

その他プログラミングスクールに関する情報

-mongodb, プログラミング
-

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2020 All Rights Reserved.