mongodb プログラミング

MongoDBをMacにインストールする手順【これさえすればOK】

投稿日:2019年10月13日 更新日:

SpringFrameworkとVue.jsとMongoDBを使ってWebアプリケーションを作りたかったので早速MongoDBをダウンロード・インストールしてみました。

あなた
MongoDBってどうやって導入すれば良いの?

今回はこんな疑問に答えていきます。

MongoDBをインストールするためにHomebrewを使う

ターミナルで

brew install mongodb-community@4.0

を実行します。

 

ポイント

MongoDBにはコミュニティバージョン(Community)とエンタープライズ(Enterprise)が提供されています。エンタープライズは商用なので、普通はコミュニティの方をダウンロード・インストールしいておけばOKです。

 

インストールが無事完了すると

ビールマーク🍺 とともに

 

🍺  /usr/local/Cellar/mongodb-community/4.2.0: 21 files, 272.3MB, built in 9 seconds

こんな感じで表示されます。

 

mongodで起動してみる

インストールが完了したら

ターミナルで

mongod

を実行してみてください。

ズラズラーっと文字が出てきた後に

waiting for connections on port 27017

 

と表示されればOKです。

この時にmongodbで Data directory /data/db not found., terminatingエラーが出てくる時があります。

その時の対処法をまとめています。

mongodbで Data directory /data/db not found., terminatingが出てきた時の対処法

mongodbを実行した時のこと ズラズラーっと文字が出てきて「お、起動できるかな」と思ったら以下のエラー exception in initAndListen: NonExistentPath: D ...

続きを見る

 

ターミナルでmongoを実行

ダウンロードが完了したらターミナル新規ウィンドウを開いて

mongo

を実行してみましょう。

 

またしてもズラズラーっと文字が出てきて

>

とコマンドが実行できるようになっていればめでたくMongoDBを使える環境の出来上がりです。

 

WARNINGが出てくる原因

mongo
>

となっても

** WARNING: Access control is not enabled for the database.

** WARNING: This server is bound to localhost.

** WARNING: soft rlimits too low. Number of files is 256, should be at least 1000

という警告が出ると思いますが

Mongodを管理者権限なしで実行していることが原因です。

 

もしMongoDBを使って公開するWebアプリケーションを作る際には意識した方がいいですが、とりあえず自分のローカル環境などでMongoDBを使ってみたいだけでしたら特に気にしなくて大丈夫です。

 

まとめ

MongoDBは最初からユーザー登録やパスワード登録なしで使えるようになっている。

登録なしにmongoを実行すると警告は出るが使える

 

今回はMacにMongoDBを導入する方法を紹介しました。

参考にしてみてください。

その他プログラミングスクールに関する情報

-mongodb, プログラミング
-

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2020 All Rights Reserved.