JavaScript

javascriptのnamespaceとは?

投稿日:

生のjavascriptを書いているとどうしても記述量がふえます。

そんな時にjavascriptの記述で抑えておきたい記法にnamespaceという物があります。

今回はjavascriptのnamespaceについて解説していきます。

 

javascriptを書いていた時の話 普段以下のような形で書いていたのですが

var A = {
  a: function () {
    return;
  },
  b: function () {
    return;
  }
};

 

別バージョンの書き方も知ったのでそれぞれの書き方のメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

var A = ( function () {
  var a = function () {
  }; 
  var b = function () {
  };
  return 
a: a, 
b: b 
};
} )();

namespaceという考え方

この書き方は一般的にブロックスコープ、名前空間と呼ばれているものでグローバル汚染を防ぐ事が目的の書き方です。

 

スコープに関してはこちらの記事で詳しく書いているので参考にしてみてください

javascriptスコープ
javascriptにおけるスコープについて説明する

javascriptを書く上で絶対に外せない「スコープ問題」 今回は初学者やスコープという言葉は知っていても詳しく紹介はできない方に向けてjavascriptにおけるスコープについて説明していきます。 ...

続きを見る

 

namespaceを意識した書き方については先ほどの例でいうと前者が基本的な書き方になります。

メリットとしては見え方が直感的にわかりやすいコードがかける事です。

デメリットとしては制約が多い事です。

 

後者は少しやり方が古いものになります。

メリットとしてはコードの記述量が多くなっても比較的対処しやすい事です。

デメリットとしては無名関数をモジュール変数として利用することの理解ができて、初めて本質的な理解につながるので初学者は戸惑うことです。

-JavaScript

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2020 All Rights Reserved.