Git

GitHub登録方法【初心者OK】

投稿日:

GitHub登録方法【初心者OK】と書かれた画像

 

あなた
GitHubっていうの使ってみたいんだけど、、

 

これからGitHubを使おうとしている方はそもそもどうやって始めればいいのかわからないですよね。

しかしGitHubを導入しようとしているあなたは便利なツールを使おうとしていて偉いです。

 

この記事ではGitHubをこれから使いたい方に向けて導入方法を紹介していきます。

 

【この記事でわかること】

✔  GitHubとは何か

  GitHubの導入方法

 

【この記事の信頼性】

この記事を書いている僕は現役のエンジニアです。

プログラミングのことをほぼ毎日考えています。

 

GitHubとは何なのか

 

そもそもGitHubってなんなの?と思う方も多いので簡単に説明します。

 

GitHubは、ソフトウェア開発のプラットフォームであり、ソースコードをホスティングする。コードのバージョン管理システムにはGitを使用する。Ruby on RailsおよびErlangで記述されており、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ市に拠点を置くGitHub社によって保守されている。

 

はい。いきなり引用ですが正確にはこんな感じです。

簡単に言うとプログラミングを使った開発の際のコード管理を効率的にしてくれるツールです。

 

・GitHubは開発効率をあげてくれる便利なツール

 

GitHubの導入方法

 

あなた
GitHubについてはわかったので導入方法について教えてほしいです。

 

ここからは本題であるGitHubの導入方法について紹介します。

 

【この章でわかること】

✔︎ GitHubの導入方法

 

公式サイトへアクセスして登録する

 

まずは公式サイトのhttps://github.com/にアクセスしましょう。

すると登録の入力フォームがあるのであなたの情報を打ち込みます。

入力してサインアップすれば完了です。

 

GitHubの公式サイトの画像

アカウント確認

 

簡単なパズルが出てきたら解いてアカウントを適用させましょう。

 

GitHubのアカウント認証画面

プロフィールを埋めて完成

 

ログインできるようになったらトップページのEditからプロフィールを編集しておきましょう。

以上ができたら完成です。

 

てんし君のGitHubの画面

 

てんしくんもつくりました。https://github.com/tenshikun

 

GitHubは使えるようになっておくと色々便利です

 

今回はGitHubの導入方法について紹介しました。

GitHubはいろんな企業で使われていますし、自分が書いたコードを管理できるのでポートフォリオとしても使えます。

 

これからエンジニアを目指す方は必ず使えるようになっておきましょう。

 

\こちらもよく読まれています/

>>WEBエンジニアってどんな仕事?【現役エンジニアの僕が解説】

 

-Git

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2020 All Rights Reserved.