tech boost

tech boost(テックブースト)の就職先ってどこ?年収は?【リアルな情報を入手しました】

投稿日:2021年3月15日 更新日:

tech boost(テックブースト)の就職先ってどこ?年収は?【リアルな情報を入手しました】と書かれた画像

 

あなた
tech boost(テックブースト)の就職先ってどこですか?最初の年収はどのくらいになりますか?

 

「具体的にどんな就職先があるのか?」

「未経験からだと年収はどのくらいになるのか?」

 

ホームページで公開されていないリアルな就職先と年収をtech boost(テックブースト)に直接聞いてみました。

 

就職先や年収が気になる方のために、直接運営に聞いて教えてもらったことをまとめているので参考にしてみてください。

 

【この記事でわかること】

 

【この記事の信頼性】

この記事を書いている僕はtech boost(テックブースト)を受講しました。

未経験からエンジニアになり、今ではフリーランスエンジニアとして月に60万円ほど稼いでいます。

ここでは、実際にtech boostの方に直接聞いたことをまとめているのでかなり参考になるかと思います。

 

【結論】tech boost(テックブースト)は具体的な就職先名を紹介していない

 

tech boost(テックブースト)のホームページでは、「就職先」と「年収の目安」について具体的な記載がありません。

そこで、直接スクールに詳細を問い合わせてみました。

 

結論から話すと「就職先名は公開していない」とのことでした。

しかし、企業の特徴などはわかったので解説していきます。

 

企業名は非公開

 

さきほども話したとおり、tech boost(テックブースト)に就職先の企業名について尋ねたところ、「非公開」とのことでした。

 

Twitterなどでも、tech boost受講後にエンジニアとして就職に成功したという声はたくさん見ることができましたが、企業名までは出ていませんでした。

 

tech boostで就職成功した方のツイート

 

毎日ツイートしなきゃと思って約3ヶ月が過ぎました。笑 第1志望・1社目・自社開発にて無事内定頂くことが出来ました。 techboostのおかげでめちゃめちゃコスパよく転職活動を終えることが出来ました。 9月から夢のSE...。 頑張ります。。 #techboost

 

SESが6割、受託3割、自社開発2割

 

あなた
じゃあtech boostの就職先についての情報はゼロってことでしょうか?
そんなことないですよ。
てんし君

 

具体的な企業名については非公開とのことでしたが、tech boost(テックブースト)の受講生が就職した「企業タイプの割合」については教えてもらうことができました。

 

具体的な企業タイプの割合は以下のとおりです。

・SES企業:6割弱

・受託開発企業:3割弱

・自社開発企業:2割弱

 

それぞれの企業の特徴はこのあと話していきます。

また、フリーランスにいきなりなる方もいるようです。

その場合は、クラウドソーシングやSNSなどを利用して仕事を受注するということでした。

 

受講生のエンジニア転職の実績も豊富なので普通におすすめ

 

「就職先の企業名を非公開にしてるし、ヤバいスクールなのでは?」と思う方もいるかもしれませんがそこは心配しなくて良いです。

 

そう言い切る理由は次のとおりです。

・上場企業なので信頼度は十分

・エンジニア転職の実績も豊富

 

プログラミングスクールを運営していて上場している企業ってtech boostぐらいなので逆に1番信用できると言っても過言ではないです。

tech boost(テックブースト)は未経験からでもエンジニア転職を狙うことができますよ。

 

・tech boostは就職先名を公表してはいない

・企業の特徴についてはSES6割弱、受託3割弱、自社開発2割弱

・転職面では十分信頼できる

 

>>tech boost(テックブースト)無料説明会

( 学習の見通しを立てたり、受講コースの相談をしたりできます。)

 

>>【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

( こちらでは僕がエンジニアになるために受講したプログラミングスクールをランキング化しています。いろんなスクールを比較したい方は見てみると良いかと思います。)

 

tech boost(テックブースト)の就職先ってどんな企業があるの?

会社 ビル 外観

 

あなた
就職先企業のタイプ別割合はわかったけど、具体的にどんな企業なのでしょうか?

 

tech boost(テックブースト)の卒業生の就職先にある「SES企業」「自社開発企業」「受託開発企業」について、それぞれの特徴を解説していきます。

 

SES企業

 

SES企業は

・自社ではなく客先と呼ばれる他の会社で働く

・簡単にいったら派遣エンジニア

といった特徴を持っています。

ITエンジニア業界で1番多いタイプの企業ですね。

 

メリットとデメリットは次のとおりです。

 

【メリット】

・未経験からでもわりと就職しやすい

・残業が少ないところが多い

・客先が良いと快適に仕事ができる

 

【デメリット】

・裁量権が小さくてスキルが身につきにくい

・客先の環境が悪いとまじでしんどい

・給料が低い

 

まぁ、派遣エンジニアなので働き先がコロコロ変わるのが個人的にはきついですね。

 

自社開発企業

 

自社開発企業は

・企画から開発まで全て自社で行う

・自分たちの作ったサービスで利益を上げる

といった特徴を持っています。

会社によっては入社難易度が高く、基本的に自社開発企業のエンジニアの技術力は高めです。

 

メリットとデメリットは次のとおりです。

 

【メリット】

・裁量権が大きく、マジでスキルが身につきやすい

・教育体制がしっかりしている

・毎日同じメンバーで働くので一体感も生まれやすい

・儲かっている企業は給料が高い

 

【デメリット】

・未経験からの入社はちょっと難しい

・自社サービスの利益が上がらないと給料は上がらない

 

個人的にはまず第一に目指すべき企業が自社開発企業だと思いますね。

僕も働いていましたが、かなり成長できました。

 

受託開発企業

 

受託開発企業は

・クライアント(お客さん)から依頼されたアプリやサイトを作る

・色んな個人や企業とやりとりする

といった特徴を持っています。

目に見えて成果を残すことが求められるので結構ハードですが力はつきます。

 

メリットとデメリットは次のとおりです。

 

【メリット】

・求められている作品を作らないといけないプレッシャーで成長できる

・技術力もつく

・コミュニケーション力もつく

 

【デメリット】

・納期などが厳しい

・自分でサービスを作りたい方はやりがいを感じにくくなる

 

受託開発企業で経験を積んだエンジニアの方は、かなりテクニックがある印象です。

ただし未経験者の場合はついていくのが大変な場合もあります。

入社するにしろ、しっかり先輩が教えてくれる会社にいきましょう。

 

未経験からエンジニアを目指すときはまず自社開発企業を目指すと良い【働きやすくて経験値もたまる】

自社開発、SES、受託の企業の違い

 

個人的には「自社開発企業」をまず目指すことをおすすめします。

 

・エンジニアとして成長もしやすい

・教育体制もしっかりしていることが多い

というのがおすすめする理由ですね。

 

SESは入社しやすいのですが、本当に案件によって当たり外れがあるので、「めちゃくちゃオススメ」とは言えません。

受託開発企業は、技術力はつくものの、納期が厳しく、けっこうなプレッシャーがあります。

人によっては仕事がつらくなってしまう可能性もありますね。

 

とはいえ、誰もが自社開発企業に就職できるわけではありません。

僕も最初はSES企業に入社しました。

 

下手に就職先にこだわり続けるよりは、ブラックすぎないのであればある程度の妥協も必要です。

 

・個人的オススメ順は 自社開発 > SES >= 受託 (SESか受託は好きな方を選べばいいと思います)

・それぞれの企業のタイプごとのメリット、デメリットは把握しておくべき

 

>>tech boost(テックブースト)無料説明会

(公式サイトに移動します)

 

>>【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

(こちらでは僕がエンジニアになるために受講したプログラミングスクールをランキング化しています)

 

tech boost(テックブースト)の就職先の年収はいくらなのか

電卓とお金

 

あなた
tech boostで就職先を決めた場合、初年度の年収はどのくらいになりますか?

 

実は、tech boost(テックブースト)を卒業しても、就職していきなり高年収になれるわけではありません。

ここでは就職先の具体的な年収について紹介していきます。

 

初年度の年収は平均で300万円ほど

 

結論から話すとtech boost(テックブースト)の就職先の平均年収は、初年度の場合300万円程度です。

実際に運営の方にも確認を取りました。

 

あなた
けっこう低いんですね。
まぁ「あくまで初心者」なので最初はそんな感じですね。

しかし、エンジニアの魅力は年収があがるペースがはやいことです。

すぐに高年収になれますよ。

てんし君

 

僕はエンジニアになって1年半ですがすでに年収が720万円あります。

最初エンジニアになったときの年収の倍ぐらいあります。

 

他の仕事ではここまで年収が急に上がることはまずありません。

初年度は「あれ?わりと給料低いな?」と感じるかもしれませんが、2年目以降は急激に給料を上げることができるのがエンジニアという仕事ですので覚えておきましょう。

 

エンジニアの平均年収自体は550万円ほどなので高め

 

tech boostの就職先に就職した1年目は平均年収が300万円ほどですが、エンジニアという仕事自体の平均年収は550万円あります。

 

一般的な日本人の平均年収が450万円前後と言われているので、100万円以上も高いエンジニアは十分高年収な職業ですよ。

 

・需要が高い

・人が足りていない

・将来性がある

・業界的に盛り上がっている

といった理由から近年ではエンジニアの年収は右肩上がりです。

 

フリーランスエンジニアになれば平均年収は800万円ほどになる

 

エンジニアとして1~3年ほど働いて実力を身につければ、フリーランスエンジニアになることも可能です。

フリーランスエンジニアの平均年収は800万円前後と言われており、中には1,000万円を超える人も少なくありません。

 

あなた
めちゃくちゃ稼げますね。
はい。フリーランスエンジニアはマジでおすすめです。
てんし君

 

実際に、フリーランスエンジニア向けの案件では月に80~100万円ほどもらえる案件がゴロゴロあります。

 

実務経験2年で請負可能な案件
月単価115万円の案件

 

しかも、フリーランスエンジニアになるのには資格は要りません。

エンジニアとして実務経験歴が1年以上あって、そこそこのスキルがあれば誰でもなることができます。

 

個人的には、初年度の年収は特に気にしなくてもOKだと思います。

どうせ稼げるようになりますからね。

 

エンジニアとして就職できればその時点でだいぶ勝ち組です。

 

・tech boostの就職先の平均年収は300万円ほど

・2年目以降は一気に稼げるようになる

・エンジニアの平均年収は550万円、フリーランスエンジニアの平均年収は800万円以上

 

>>tech boost(テックブースト)無料説明会

(公式サイトに移動します)

 

>>【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

(こちらでは僕がエンジニアになるために受講したプログラミングスクールをランキング化しています)

 

そもそもtech boost(テックブースト)はエンジニアを目指しやすいスクールなのか

プログラマーの後ろ姿

 

あなた
エンジニアが高年収ということはわかりました。

しかし、そもそもなのですがtech boostはエンジニアを目指しやすいスクールなのでしょうか?

就職先名も公表していないし信じられません。

 

↑こんな疑問を持つ方もいるかもしれませんね。

ハッキリいいますが、tech boost(テックブースト)は、エンジニア転職しやすいプログラミングスクールの1つです。

 

その理由を解説していきます。

 

転職サポートつき

 

tech boost(テックブースト)では無料で転職サポートをうけることが可能です。

具体的には運営会社の「Branding Engineer」が展開しているエンジニア向けのキャリアサービスを無料で利用できます。

 

あなた
そもそもtech boostってエンジニア向けの転職サービスも運営しているんですね。
そうなんです。

下手なことしたら自社のサービスの評判が下がるだけなので、しっかりサポートしてもらえますよ。

てんし君

 

また、tech boost(テックブースト)の「ブーストコース」を選択すれば、ポートフォリオとしても利用できるオリジナルアプリを作成できるので転職活動で役立ちます。

 

あなた
ポートフォリオって何ですか?
就活でアピールに使える、オリジナルサービスのことです。

ポートフォリオがあるだけで内定率が全然高くなるので、作っておくのはおすすめです。

てんし君

 

学習面でも、転職面でも有利になれる要素が多いのがtech boostの特徴です。

 

講師は現役エンジニアで確実にスキルを身につけることができる【転職しやすい】

 

転職サポートなどの仕組みが充実しているのはもちろんですが、講師が現役のエンジニアということもtech boost(テックブースト)がエンジニア転職に強い理由として挙げられます。

 

プログラミングスクールの中には、講師がまったくの素人で教育に問題があるスクールもあります。

ぶっちゃけ講師がまともにエンジニアとして働いたこともないのに、良い企業にエンジニアとして就職できるわけ無いですよね。

 

一方、tech boost(テックブースト)は、講師は現役エンジニアです。

講師に関する悪い口コミもありません。

 

現役エンジニアによる指導で、確実にスキルを身に着けて、難易度の高い自社開発企業への就職を成功させている受講生もたくさんいます。

 

tech boostでweb系自社開発企業の内定を勝ち取った方のツイート

 

この度、web系の自社開発企業で働くことが決まりました! 3月から働く予定なので、それまでも勉強していきます

#tech boost

 

tech boostでエンジニア転職を成功させた30代の方のツイート

 

本日、自社開発企業様から内定をいただきましたー

 

Twitterで相談させていただいた方、techboostのメンターの方々、未経験から頑張って毎日Twitterに投稿している同志(勝手にw) 全員に感謝したい

 

何よりこの歳から転職と言い出した旦那を信じてくれた妻に感謝…

 

30代からでも、tech boostに通えば自社開発企業に転職できることを証明してくれていますね。

 

350時間のカリキュラムをこなせばエンジニアになるのに十分とのこと

 

tech boostに直接「本当にエンジニアになれるんですか?」と聞いたところ、「350時間のカリキュラムをこなせばエンジニアになれる」という回答をいただきました。

 

tech boost(テックブースト)では、350時間のカリキュラムをこなすことで、エンジニア転職に必要となるスキルを身につけることができます。

 

スクールの方もハッキリ言いきってくださるのは信頼できますね。

 

【tech boost(テックブースト)は就職しやすいスクール】

・転職サポートがついている

・講師の質も十分

・スクールの方も「エンジニアになることができる」と言いきってくださっている

 

>>tech boost(テックブースト)無料説明会

(公式サイトに移動します)

 

>>【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

(こちらでは僕がエンジニアになるために受講したプログラミングスクールをランキング化しています)

 

tech boost(テックブースト)で就職を考えている方が知っておくべきこと

息子にアドバイスする男性

 

tech boost(テックブースト)で就職を考えている人には、事前に知っておくべき注意点が2つあります。

それぞれについて紹介します。

 

転職保証はない(就職はほぼ確実にできる)

 

tech boost(テックブースト)はエンジニア転職の実績が十分にありますが、「転職保証」はありません。

 

どうしても転職保証が欲しい方は、テックキャンプDMM WEB キャンプのように、転職できなければ全額返金してもらえるスクールにいきましょう。

 

ただし、tech  boostでもほぼ確実にエンジニアに転職できることは覚えておくといいです。

そこまで転職面で心配する必要はないです。

 

(こちらで返金保証がついているスクールをまとめていますので気になる方は参考にしてみてください)

>>返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】

 

 

離職率は集計していないらしい

 

tech boost(テックブースト)に、受講生が就職した後の離職率を聞いてみたところ、「離職率」については集計していないとのことでした。

 

ただし、Twitterでtech boost経由でエンジニアになった方を見てみたところ、みなさん満足そうでしたし、その会社をすぐに辞めるなんてこともしていませんでした。

 

【tech boost(テックブースト)受講前に知っておくといいこと】

・転職保証はない

・離職率は集計していない

 

迷う方は今すぐ動こう

挑戦に喜んでいる方

 

今回は、tech boost(テックブースト)の就職先について紹介してきました。

かなりイメージができたのではないでしょうか?

 

もしもあなたが今、「プログラミングを習得したい」「エンジニアになりたい」と思っているのならば、あとは行動を起こすだけです。

一歩踏み出してみましょう。

 

エンジニアは働きやすい&高年収の仕事

 

僕自身がエンジニアとして働いていて、「お金」と「自由度」の面でめちゃくちゃメリットを感じています。

 

途中でも話しましたが、エンジニアの平均年収はかなり高いです。

また、リモートワークなどの自由な働き方もできます。

 

・月60万円の報酬

・そこそこお金が入ってくるので精神的も安定

・フルリモート

・朝早く起きる必要ない

・電車にのらなくていい

 

こんな感じで生活を送ることができています。

 

しかし、もともとはパソコンすらまともにさわれない&高卒&プログラミング初心者でした。

スクールに通ってエンジニアになっただけでこんな生活を手に入れることができたのです。

「行動」するだけで人生は変わりますよ。

 

値上げする前に動かないと損します

 

最近プログラミングスクールはどこも値上げ傾向です。

そのため、現在なら最短の3ヶ月コースが20万円台から受講できるtech boost(テックブースト)も、いつ値上げするかわかりません。

 

値上げをしたプログラミングスクールは、テックキャンプが648,000円、DMM WEBCAMPが628,000円とかなりの高額です。

 

同じ内容なのに、少し受講を遅らせただけで料金が倍近く跳ね上がることもあるります。

そんなのは損しかしてませんので、なるべくはやく受講しましょう。

 

とは言ってもいきなりお金を払っての受講はリスクもあります。

なので、まずは無料説明会に参加して、自分に合いそうかどうか、実際にスタッフと話をして判断してみるといいですよ。

今回は以上です。

 

>>tech boost(テックブースト)無料説明会

(公式サイトに移動します)

 

>>【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

(こちらでは僕がエンジニアになるために受講したプログラミングスクールをランキング化しています)

 

-tech boost

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.