PHP

PHPで簡単に短縮URLを発行する方法【すぐできる】

投稿日:

PHPで簡単に短縮URLを発行する方法【すぐできる】と書かれた画像

 

ユーザーに送るURLにパラメーターとかがガッツリついていると見栄え悪い&めちゃくちゃ長いということで短縮URL化をして送ろうということになりました。

 

方法は以下の2つが考えられました。

・自作で短縮URLの仕組み構築

・外部サービスの利用

 

結果的に、前者だとちょっと時間がかかりそうだったので後者を選びました。

 

今回は「tinyurl」を使用した短縮URL化をPHPを用いて行う方法を紹介します。

 

PHPで短縮URLを発行する方法を紹介

 

短縮URLとは「https://bit.ly/hufewG」みたいなURLです。

アクセスするとリダイレクトされてもとのURLに遷移するようになっています。

 

有名所の短縮URLサービスだとbitlyとかですかね。

ただし今回は別にURLのトレースなどは特に行わなくてよかったので、もっと手軽に短縮URLを発行できる外部サービスを利用しました。

 

使ったのは「tinyurl」です。

 

実際のコード

 

実際のコードは以下のとおりです。

パラメーターの$urlに短縮化したいもとのURLを入れてください。

 

/**
     * 短縮URL取得
     * 失敗したら生のURLを返す
     * @param string $url
     */
    public function getShortUrl($url){
        $shortUrl = file_get_contents('http://tinyurl.com/api-create.php?url=' . $url);
        if($shortUrl == FALSE){
            return $url;
        }
        return $shortUrl;
    }

file_get_contents関数とは

 

file_get_contentsはPHPの関数です。

ファイルの内容を文字列に読み込んでくれます。

 

成功時は読み込んだデータ、失敗時にはfalseを返します。

 

手軽に短縮URLを発行したいときはぜひ使ってみてください

 

・URLのクリックを知りたい

・発行されたURLの挙動を知りたい

などの細かい要望がなく、「ただ発行できればOK」なら上記のコードで十分かなと思います。

 

もしあなたが手軽にPHPで短縮URLを発行してみたいときは使ってみてください。

 

 

-PHP

Copyright© エンジニアてんし君ブログ , 2021 All Rights Reserved.