テックアカデミー

【2つ】テックアカデミーでDX人材になることができるコースを紹介【現役エンジニア目線でも評価】

オンラインでチェックする人

 

あなた
テックアカデミーでDX人材になることができるコースはどれでしょうか?

 

今回はこのような疑問に答えていきます。

 

【この記事でわかること】

 

【この記事の信頼性】

この記事を書いている僕はテックアカデミーを受講してエンジニアになりました。

ITが浸透しきっていない企業でDX化に携わった経験もあり、テックアカデミーについてもDX化についても詳しいです。

 

テックアカデミーでDX人材になることができるコースを2つ紹介

パソコンで音声を入れる人

 

結論から話すと、DX人材(デジタル技術やデータ活用に精通した人材のこと。経済産業省のDX推進ガイドライン参照。)になることができるテックアカデミーのコースは「はじめてのDXコース」「DXマネジメントコース」の2つです。

 

はじめてのDXコース → ご自身がDX人材として成長したい方向け

DXマネジメントコース  → DX部門をマネジメントする立場だけど、組織のDX化についての知識に自信がない方向け

 

それぞれのコースについて説明しますね。

読んだ上で、あなたに合ったコースを選ぶといいかと思います。

 

はじめてのDXコース【DX化のメンバー向け】

 

まず1つ目が「はじめてのDXコース」です。

こちらは、あなたが実際にDX化を行う立場であれば学習する価値のあるコース。

 

次のようなことを学習可能です。

・ノーコードツールでの業務改善アプリ開発

・紙やExcelファイルの管理アプリ作成

・データ分析の基礎知識理解

・オリジナルアプリの制作

 

受講すれば、今あなたが「自動化したいな」「もっと効率よく作業したいな」と思っている作業を、実際に自動化させたり効率化させることが可能。

上司からも「流石だね」と言われること間違いなしです。

 

ちなみにこのコースでは、プログラミング言語を学ばなくてもアプリを作ることができるようになります。

ハードルも低く、プログラミング未経験者でも取り組みやすいです。

(もちろんそれでも高性能なアプリを作ることができる)

>>はじめてのDXコース

 

DXマネジメントコース【組織のDX化を支持する立場の方向け】

 

2つ目が「DXマネジメントコース」です。

こちらは、あなたがDX化を行う組織のマネジメントを担当する場合に受講する価値のあるコースです。

 

次のようなことを学習可能です。

・問題点の洗い出しから解決までの論理的な道筋の立て方

・Webシステムの仕組みや最新のデジタル技術

・ノーコードツールの活用方法

・プロジェクトの立ち上げや進捗管理

・安全なデータ運用

 

あなたは組織をマネジメントする立場なので、実際に開発は行わないでしょう。

しかし、だからといって全くWebシステムやノーコードツールを知らないのはNGです。

知らないと部下から「何もITについて知らない無能な上司」と認定されてしまいます。

 

それに、ITに疎い人間がDX化のプロジェクトを担当しても失敗に終わります。

あなた自身がDX化に必要な技術を把握しておくことで、組織のDX化は成功するのです。

 

テックアカデミーのDXマネジメントコースを受講すればマネジメント能力もITリテラシーも高まる。

マネジメントする立場だからこそ、プロジェクトの成功のために学んでみるといいでしょう。

>>DXマネジメントコース

 

以上2つのコースについて解説しました。

このようなDX学習をビジネスマン向けに提供をしてくれているのは、現状テックアカデミーぐらいです。

ぜひこの機会に、あなたに合ったコースで学習してみるといいです。

 

ビジネスマン向けのDX学習を格安で提供してくれているのはテックアカデミーぐらい

 

先程も話しましたが、実はDXの研修を個人相手に行ってくれる優良スクールってテックアカデミーぐらいです。

他のスクールは大体「法人向け」だったりしますからね。

 

それに、他のDXを学べるスクールの場合は「値段のわりに量が少ない」ということも多い。

相場は40~70万円ですが、受講できる内容を見ると正直「コスパ悪いなぁ...」と感じてしまいます。

 

その点テックアカデミーは、値段が安いのに量も多く質も良いです。

10万円台から受講できて、180時間相当のカリキュラムを手に入れることができるのでコスパも良い。

しかも受講中は現役エンジニアにDX化について指導してもらうこともできます。

ぶっちゃけ、現状DXを学ぶのならテックアカデミー一択かなと。

 

受講したら「この料金でプロに丁寧にサポートしてもらえるのならコスパはマジで良いな」と感じるはずです。

 

 

※不安な方は無料体験からどうぞ

補足です。テックアカデミーは0円でWebの基本を学習できる無料体験を提供してくれています。

無料でカリキュラムもチェックすることができるので、受講にあたって不安があるならまずはこちらをやっておくといいかと。

普通に勉強にもなりますよ。(追加料金など一切ないので安心してもらっていいです)

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

 

DX化についていけない組織や人間は時代遅れである話

3Dデザインを考える人

 

あなたがDX学習するにあたって向いているコースはわかりましたでしょうか?

理解できたら、後は学習あるのみですよ。

 

ひょっとすると、あなたが学習を始めようとすると「意識高い」「わざわざITのこと勉強しなくても良くね?」とか言われたりもするかもです。

そういう足を引っ張る人ってどこにもいますからね...。

しかし、結論全部無視してOKです。

そういうDX化についていけない化石人間は時代遅れでしか無いので。

 

間違いなくDX化はどの企業でも必須になってきます。

今から学習を始めるあなたは正解&優秀なので自信を持ってください。

 

DX化を行わない組織→衰退します

 

先程も言った通り。DX化を行わない組織は時代遅れ。

そして今後間違いなく衰退していくでしょうね。

 

そう言い切る理由は以下の通り。

・他社より働く環境が悪くなる(リモートワークなどできないなど)

・効率が悪いので、人件費だけかかるくせに成果を出しにくい

・インターネット上での市場を開拓できないので売上も上がらない

 

もしもあなたが、DX化を行わない組織に危機感を感じているのであれば、なるべく早くその場所を離れるか、業務を改善したほうがいいです。

 

ITの知識が無いやつほど危機感も無い

 

ちなみに、ITの知識が無い人に限って危機感が無い。

そして謎の自信を持っているのがあるあるです。

 

DX化のメリットやITの可能性を知っていれば、アナログな環境に危機感を持つはず。

しかし、そもそもDX化のメリットやITの可能性を知らないがために「別にこのままでも大丈夫でしょ」と判断してしまうのです。

 

ダニングクルーガー効果を知っていますか?

「能力の低い人は自分の能力を過信する」という心理効果のことです。

 

今のあなたの学習を妨げる人間がいれば、彼はダニングクルーガー効果に影響されてしまっていますね。

未来が見えていない無能だからこそ、己を過信してしまって、あなたを否定しているのです。

 

逆に、あなたは能力や未来への想像力があるからこそ危機感を感じることができている。

間違いなくあなたが正しいので、迷わずに学習をしてください。

 

【実例】DX化で成功できたケースを見せる

 

もしかすると、ここまで読んでもあなたは「でも言葉だけじゃ信用できない」「DX化が与える好影響の実例を見たい」と感じているかもです。

確かに百聞は一見にしかずですもんね。

あなたがそう感じるのなら、成功事例を見てDX化の必要性を実感するのが手早いでしょう。

 

そこでいくつかDX化の成功事例を紹介します。

 

事例1:Netflix

 

あなたも普段からお世話になっているであろう「ネトフリ(Netflix)」もDX化で大躍進した企業。

元々はDVDの郵送サービスというアナログな領域でビジネスを行っていたのですが、ネットに進出。

動画配信という形をとったことで大成長しました。

 

おそらくDX化していなかったら、Netflixなんて名前は聞くこともなかったでしょうね。

 

事例2:Amazon

 

あなたが絶対に1度は使ったことがあるであろうAmazonもDX化の成功事例です。

Amazonは倉庫での作業などの人的作業も積極的に自動化を行い、ロボットにさせたりしています。

企業全体として「デジタルで効率化を図る」という姿勢を持っているのです。

 

その結果、効率的に売上を伸ばし今や世界一とも言える大企業になった。

創業当初からひたすらネット上での勝負にこだわっていますが、結局そういう「未来を見る姿勢」が成長に繋がっているのでしょうね。

 

事例3:富士通

 

日本の企業で言えば富士通もDX化で成功をおさめてます。

顧客や従業員の満足度などを、徹底的にデジタルで分析を行い「企業もお客さんも満足できる環境」を作り出しています。

その結果、企業としても成長を続けることが出来ているんですよね。

 

以上DX化の成功事例をいくつか紹介しました。

あなたもDX化の必要性について、確信を持つことができたのではないでしょうか?

 

 

ITに疎いことを誤魔化すのはもう終わりにしませんか?

行動開始

 

ということで今回は「テックアカデミーでDX人材を目指すことができるコース」「DX化できない組織は時代遅れであること」について話しました。

 

これまでのあなたは、ITに関して疎いがためになんとなく目をそらしてきたかもしれません。

そして誤魔化してきたかもしれません。

しかし、DXに対するそういう向き合い方も終わりにしませんか?

 

間違いなくDX化は重要。

そしてあなたが時代遅れにならないためにも、今日からの学習も必要です。

 

あなたがヒーローになるチャンス

 

もしも、今のあなたの属している組織自体がDX化についていけていないのであれば、それはあなたがヒーローになるチャンスですよ。

あなた自信が1早くスキルを習得することで組織にいい影響を与えることができますからね。

 

「〇〇さん(あなたの名前)のおかげでプロジェクトが上手くいったよ」

「働きやすくなった」

「ありがとう」

「業績が上がったのは君のおかげだ」

 

↑こういう声をかけてもらう未来を手に入れるチャンスです。

 

想像してみて、気合が入ったら後は学習あるのみ。

応援しています。

 

行動を開始している方も多い【あなたも追いつこう】

 

補足ですが、実際にテックアカデミーでDXを学習し始めている方も多いです。

こちらの方も学習をスタートさせていますね。

 

テックアカデミーでDXを学ぶ人

 

会社でDXの部門推進リーダーを拝命したので、せっかくだからデータサイエンティストを目指そうと本日よりテックアカデミーで半年間みっちり学習していきます!

ファイト自分〜!

#テックアカデミー #初投稿 #データサイエンティスト #python #AI #機械学習 #データサイエンス #DX

 

あなたもこういう方に追いつくためにも早めにスタートを切るといいですよ。

(化石人間と言われるのも嫌でしょうし)

 

それに、テックアカデミーのDX系のコースは今は安すぎるぐらいなので値上げも十分考えられます。

値上げで損しないためにも、早めに動いたほうがいいかなと思います。

 

今回は以上です。

 

はじめてのDXコース   ※業務改善を実際に担当する方向け

DXマネジメントコース   ※DX化を指導する立場の方向け

 

プログラミングスクールに関する情報

【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】と書かれた画像
【無料あり】プログラミングスクールおすすめランキング【WEBエンジニアになりたい方向け】

  あなたプログラミングスクールに通いたいけどたくさんありすぎてどこがいいのかわかりません。   最近はエンジニアブームということもありプログラミングスクールが増えました。 一方でたくさんありすぎてど ...

続きを見る

返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】と表示されたパソコンの画面
【転職保証つき】返金保証ありのプログラミングスクールランキング【エンジニアが選びました】

  あなた返金保証がついているオススメのプログラミングスクールってありますか?   結論から話すと、返金保証つきのプログラミングスクールランキングは次の通りです。   1位:DMMWEBキャンプ  【 ...

続きを見る

wordpress
【無料あり】WEB制作を学べるオンラインスクールランキング【副業で稼ぎたい方向け】

  あなたWeb制作の副業で稼ぎたいけど、どのスクールで学ぶのが良いの? スクール選びで失敗はしたくないです。   ↑このような疑問や不安を解決するべく、現役のWebエンジニアがWEB制作を学べるスク ...

続きを見る

フリーランス
無料あり:フリーランスを目指せるプログラミングスクールランキング【体験をもとに徹底分析しました】

  あなたフリーランスエンジニアを目指すことができるプログラミングスクールってありますか?   最近では、高年収や働きやすさの魅力からフリーランスエンジニアを目指す方も増えてきました。 結論から話すと ...

続きを見る

WEB系自社開発企業にいけるプログラミングスクールランキング【現役エンジニアおすすめ】と書かれた画像
WEB系自社開発企業にいけるプログラミングスクールランキング【現役エンジニアおすすめ】

  あなたWEB系の自社開発企業に就職したいです。 オススメのスクールを教えて下さい。   結論から話すと、WEB系自社開発に行きやすいスクールのランキングは以下の通り。   第1位:テックアカデミー ...

続きを見る

-テックアカデミー

© 2022 エンジニアてんし君ブログ